いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2021/8/23

桃太郎 芥川龍之介版  朗読

尾上右近の、歌舞伎チューンでの「かぶきかせ」
これは、読み聞かせを、歌舞伎風にするもの。

今回は、長編なので、2回に分けてありました。
芥川龍之介が、桃太郎を、芥川流に書いていたのは、知りませんでした。

やはり、芥川は天才だと、つくづく思います。
正義は、どの立場で発言するかで、変わります。

少し前にも、父親を桃太郎に殺された子鬼、、、という絵が、注目されていました。

芥川は、「日本一」という旗を振りかざして、一方的に鬼退治に行く桃太郎を
痛烈に批判。
おじいさん、おばあさんの、子育てにも警告。

平和に暮らしていた鬼たちは、征服されて、子どもを人質に取られる。
もちろん、宝物も、桃太郎が略奪。

その後の、生き残った鬼の子どもが成長して、青年になり、桃太郎に報復する、
という構図も、空恐ろしい。

暴力は、解決にはならない。

本当にそう思います。

武力では、平和はつくれない。

アフガニスタンでの、中村哲医師の言葉を、思います。


クリックすると元のサイズで表示します

  ヤマアジサイ (「よしみが行く」さんからお借りしました)
 
    いつもありがとうございます。
    平和な世界がきますように。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ