いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2021/6/4

医は仁術  いのち

「ブラックジャックによろしく」を見終えました。

正義感の強い、熱血研修医、妻夫木聡は、好演していた。
看護師の鈴木京香、同期の研修医の加藤浩次。

2006年に描かれた漫画が原作。
医療の現場を描いている。

かつて(今も?)、医は仁術と言われていた。

病気で苦しんでいる人、事故にあった人たち、
命を救うという尊い仕事であり、体力も気力も必要。

医学を学び、医師の国家試験に合格し、研修医として現場に立つ。

先輩の医師、緒方拳は、「強くなれ」と励ます。

本物の医師とは・・・・と自問する研修医斎藤栄次郎(妻夫木聡)

「お前は、ばかだ。でも、ばかもずっと続ければ、本物になれる」
自分は、未熟でばかである、という謙虚な思いを持ち続けて、闘い続けること。

厳しい世界だと思う。
傲慢になる危険が、いっぱい。

最近、渋谷健司という医師が、このコロナ禍の現状を見て、
イギリスのケンブリッジ大学の教授の職を辞して、
日本に帰国。福島県相馬市で、感染症予防のチームリーダーとして働き始めたことを知った。

「国難ともいえる、この時、自分もやれることをしたいと思って、帰ってきました」と言っておられた。

本物の医師の精神を持っておられるのだと、感銘を受けた。


現在、日本で、世界で、医療従事者の方々は、肉艇的にも、精神的にも、大きな闘いをしながら、働いておられる。

その献身的なお働きに、ただただ、頭が下がります。

命を救うという使命。
仁という志。

見失っては、いけないと思う。

ただ、医師は人間であり、神ではない。
失敗もあり、喜びもある。
救えない命もある。
謙虚に働かなくてはならない。

クリックすると元のサイズで表示します

 福寿草 (「よしみが行く」さんからお借りしました)

   明るい黄色は、希望の光。

   いつもお写真を、ありがとうございます。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ