いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2021/4/27

テレビドラマ「その女ジルバ」  ドラマ

いつも、高橋源一郎の飛ぶ教室では、
私が全く知らなかった本や、映画、ドラマを紹介してくださる。

原作は有間しのぶの漫画です。

***ウィキペディアによると*****
その女、ジルバ』(そのおんな、ジルバ、
英語: Jitterbug The Forties)は、有間しのぶによる日本の漫画。
「ビッグコミックオリジナル増刊号」(小学館)にて2011年7月増刊号[1]から2018年9月増刊号[2]まで連載された。第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞[3]。

大手百貨店をリストラされた40歳女性が平均年齢70歳という高齢ホステスのバーで働くことで生きる喜びを謳歌する人生賛歌の物語を描く[4]。

2021年1月から池脇千鶴主演でテレビドラマ化[4][5][6]。
**********

連載が始まってすぐに、3.11東日本大震災があったという。

ブラジル移民のことについて、深い考察があるらしい。

早速見ようと、アマゾンへ行きましたが、
FODというフジテレビの配信でしかないと分かり、
2週間無料の体験版を申し込みました。

オールド・ジャック・アンド・ローズというバーが舞台。

敗戦後、困っている女性を助けたいと、ジルバはこのバーを始めたらしい。

全10話

がんばって見ます。
感想はそのあとで。

みなさんは、このドラマご存じでしたか?
ご覧になっていましたか?

クリックすると元のサイズで表示します

  (「よしみが行く」さんからお借りしました)

   薔薇が咲き始めました。やはり5月の薔薇ですね。
    いつもお写真ありがとうございます。

★21.4.29追記 感想★

全10話 見終えました。

とても面白かった。
ブラジル移民の人たちは、福島、広島、沖縄からが多かったという。
敗戦のときに、ブラジルでは、日本は勝ったと信じる「勝ち組」と、負けたと認める「負け組」に分かれ、争ったという悲しい歴史があることも、初めて知りました。

会津で育った主人公、その弟は3.11で自宅と仕事を失った。
その後、カフェを自力で開店する。
これはジルバの生き方に通じる。

2019年10月8日、主人公 新(あらた→あらら)の誕生日から始まり
2020年10月8日、を過ぎ、、20XX年で終わる。

そんなバーありえない。。。ファンタジーかと思う設定だけれど、
厳しい歴史の事実と、現在のコロナの状況まで描いている。

どんなに悲惨な状況、苦難にあっても、運命を切り開き、乗り越えていく強さ。。。。

これは、現在のコロナ感染世界の状況下にある人類への、応援歌のようだ。

決してあきらめない、くじけない。。。。。

いま、自分は何をなすべきか?

深く考えなくてはと思う。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ