いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2020/11/26

朝ドラ 「エール」  音楽

2020年の朝ドラ「エール」は、異例ずくめだった。

なによりも、新型コロナウィルスで、放送が中断して、その間、また1回目から。
こういうことは、たぶん、今までの朝ドラで、一度もないことだろう。

今日、119回目は、特に印象に残るものだった。

小山田先生の手紙は、もちろん、山田耕筰が本当に残したものではないと思うけれど、
若い、新しい才能に嫉妬する大家は、存在する。

結果的に、クラシックの基礎を持った作曲家が、流行歌、戦時歌謡曲、戦後は平和を願い、人々を励ます歌を作り、1964年の東京オリンピックの行進曲を作った。

古関裕而さんの歌とは知らないで、歌っていた曲が、なんとたくさんあることか。

NHKの昼の憩いの音楽は、まだこの曲だったのかと懐かしかった。
それも古関裕而さんだった。

2020年の東京オリンピックが、延期されたときに、みんなを励ましてくれた朝ドラ「エール」

優しく控えめな感じの古関裕而さんは、今も、私たちを応援し、励ましてくれている。
「音楽に愛された人」という言葉が、今日の小山田先生の手紙にあった。
まさに、そのとおりの人生を送られたのだと思う。

永遠に人々の心に残る作曲家。
たぐいまれな人だと思う。

人と人とのつながりを、これからも大切にしていきたいと
つくづく思います。

古関裕而さんに、感謝をこめて。
また、脚本・演出をされた吉田輝幸さんと多くのスタッフ、出演者にも、感謝します。

音楽にあふれた朝ドラを、ありがとうございました。
明日の特別編も、楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します
0



2020/11/27  6:42

投稿者:モネ

兄ー兄ーさん お久しぶりです。お仕事お忙しいのだろうと推察しており
ました。
朝ドラ=朝のどら焼きという発想。
兄ー兄ーさんご健在でなにより。

朝ドラは、見始めると続きます。見ない時期もありました。
どうも、コロナで在宅時間が長くなり、視聴率も上がったとか。

しかし、とっても励まされました!

ますます、お元気で。

2020/11/27  1:41

投稿者:兄ー兄ー

朝ドラ、良いですよね、この文化は日本だけのものでしょうか?
朝にやる意味があるのでしょうか?。主婦層ねらい?

大丈夫ですよ、朝にドラ焼きを食べる文化なんて勘違いは
していませんから、はい。(笑) 失礼しました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ