Fumio Miki - The Swiss life

     スイス インターラーケンより・・・

 
----- -----                      

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

Fumio Miki

自己紹介

スイス(ヨーロッパ)にて、日本人初のパラグライダー プロタンデムパイロットとなる。レース競技のほうもスイス国内リーグで飛び続ける。 冬はスキー教師としても活動。スイス在住22年目。。。

過去ログ

メッセージBOX

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:F.M
>数寄屋さん、Yokoさん、olohuoneさん
コメントありがとうございます。
結構避難している人は多いのですね。自分のまわりではそういうのを聞かなかったので驚いています。
でも、赤ちゃん、子供、妊婦はかなり影響を受けるとも言われているようですから、当事者となったらやっぱり避難するというのも当たり前かもしれないですね。

誰もが信じれる報道があれば一番いいのですが、それが一番難しい問題だったりするのかもしれないです。

Yokoさん、ブログ覗かせていただきました。これからも時々お邪魔させていただきます。
投稿者:olohuone
福島原発へは毎日必死の放水が続けられ、外部電力が繋がって冷却できてきている号機もあります。放射線量に関しては実際に作業して下さっている方々(ありがとうございます)も様子を見ながら作業しているので人体に影響はない、との報道がされています。各地で計測された放射線量についても報道されています。
茨城や埼玉など他県へのまとまった疎開も始まっています。ただ関東はまだ毎日揺れますし計画停電などありますから、関西や福岡など西日本でも受け入れを表明してくれているので、西へ避難した方がメンタル面でもいいのでは、とのこと。

各国からの支援表明、とてもありがたいです。
投稿者:Yoko
横浜に在住する私の親戚も、名古屋以西(福島原発から500キロ圏外)に子供を連れて避難しています。
「パニックになるな」と言われますが、未曾有の状況で、どこまでがパニックじゃないのかもよく分かりません。関東地方・首都圏の子供達、避難している人は結構いると思います。神奈川の家族に聞くと、学校のある平日に大きな荷物をもって駅に向かう親子連れを見かけるそうです。日本政府を信じて、後で後悔する事になっても誰も責任を取ってくれないのですから、自己責任で、行動する事も大切だと思います。
海外で、点となって動き出した活動が、線で結ばれて大きな形になって日本に届くと良いと願っています。


http://ameblo.jp/bleuclair1200
投稿者:数寄屋
東京から西へ疎開する動きがあるのは事実。特に赤ちゃん連れの母子はけっこう移動しています。我が家にも疎開した親子が同居中。外資系企業の移動も目立っています。

マスコミ関係者がこっそり逃げているという「噂」もあります。

私が思うに、放射能は今の時点では数十キロ近辺以外は健康に問題はありませんが、東京はおむつをはじめ物資が不足気味で、最悪の事態を想定する人は疎開しているといった状況です。

欧州系の対応は、びびりすぎ。
でも、日本政府に対する不信感はあります。楽観的な発表ばっかり。最悪、なにがおきるのかに対する情報が一切ありません。まぁ、米国の80KM以内は離れろというあたりが妥当なところでしょうか?今の時点では。
毎日状況がかわるので、今の時点では欧州人がびびるようなことにはなっていないです。普段のローマより、今のちょっと異常値になっている東京の方が放射能値低いって話もあるぐらいです。

雰囲気ですが、スイスほどではありませんが、私のいる大阪もテレビ以外は普通の毎日になっています。そして普段通りのうごきをみんなしています。気持ちは落ち着きませんが、そうするしかないのです。

ブログ楽しみにしている被災者もいると思います。引き続き、スイスを伝えてください。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ