左のメニューに、私に関連するページやお勧めページへの「リンク集」、このブログを分類して見る事の出来る「記事カテゴリ」があります。 ・記事の一番右下に、投稿順に表示を切り替えることが出来るボタンがあります。 ・拍手頂いた後のコメントは私しか読めません。が、残念ながら返信ができません。各日のブログ最後のコメント欄からの投稿は誰でも読め、返信もできます。

2014/10/2  10:40

悲しいけれど  日記

 すごくすごく久しぶりに、自分自身がこのページを開きました。
なのに・・。
毎日少しずつ覗いてくださる方がいらっしゃる。
すみません。
毎回謝っていますが、ほんとにありがとうございます。

 この前の投稿は、去年の12/8か・・。
まだ、何にも知らない時だったんだ・・と振り返りました。

 お父さんが亡くなってしまうなんて、ほんとに、何にも知らず、気づかず・・咳が止まらんのやから病院行きなよ!!って怒ってた頃です。

 今思えば、12/8・・。この頃にはステージは3..4くらいに上がりつつある頃なんでしょうかね。
この頃なら、脳転移もなく、抗がん剤を拒否しても、免疫治療やその他いろんな治療方法があったんでしょうかね。
時はむごいです。

 振り返っても振り返っても、泣いてもわめいても、お父さんは帰って来ず、お昼になっても夜になっても、「飯できたぞ」と呼んでくれません。
私の名前どころか、「あ」とか「お」とかいう声すらも聞こえない。
お父さん宛の、引き落とせませんでした・・っていう郵便物が次々と送られてきて、ひとつずつ口座や名義を変え、淡々と日々を送る。

 会いたい・・ていう言葉を浮かべたとたんに気持ちが止まらなくなるので、最近は、思わないようにしています。
ほら・・やっぱりしんどい。

 遠距離恋愛の気分で、いつか迎えに来てくれるから、今は夢で逢えれば十分幸せで、お父さんの気持ちはいつも私のことを心配して、あたしの中やあたしの周りにいてくれていると思っています。

 一か月の入院の間、脳転移のせいでイマイチ会話が成り立たないこともあったけど、眠っていない私を心配したり、眠ってしまう私に不服そうだったり、病室をちょっと離れただけで「おらん時がある!」って怒ってみたり、心電図のシールをはがしてはいけないと言うと、怒ったり納得したり、出ない声で「おかあさん・・」て呼ぶ声が愛しかった。

 でも、咳が苦しくて横になって寝れず、座ったお尻に床ずれができ、眠れない日々が何日も続き、痰を出すのが下手っぴで出せずに苦しく、呼吸困難な発作が何度も起き・・・そう、だから私は、お父さんが生き続けることを諦めた。かわいそうでかわいそうで。

 なのに・・人の記憶は薄れていき、元気だったお父さんの記憶が大きくなって、しんどかったお父さんの記憶は少しずつ消え、逝ってしまった悲しみばかりが私を覆う。

 今、35日の忌明けを終え、六七日の法要を終え、あと一週間で四十九日。
玄関に貼った「忌中」の貼り紙をはがしたくない。
毎日のろうそくや線香も、出来れば続けていたい。
四十九日までの賑やかな灯篭や祭壇もそのままにしておきたい。

 お父さんが過去になってほしくない。葬儀の一連の中にいれば、お父さんの歩みの中に一緒にいる気がするから・・そんな気がする。

 泣いてばかりは辛いししんどいし、出来るだけ人の中に行って明るく居たい。
でも、お父さんのお骨のそばに居たい。
いろんな気持ちが交錯して、行ったり来たり上がったり下がったりしていて、笑ったかと思ったら泣いている。

 いろんな事故や災害や・・そう、御嶽山の噴火や、いろんなことでいろんな人な亡くなり、その家族が泣いている。
うちが特別なわけじゃなく、うちは病気になって・・。

 みんな辛い。みんな頑張ってる。あたしも頑張れる。
頑張れる。

 今の私の気持ち。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ