hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2021
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

DS3231RTCモジュール

クリックすると元のサイズで表示します
ESPrーOneにて動作テスト中

DS3231 I2C-Bus RTCモジュール 5個セット¥1,250円(Amazon)
動作電圧:2.3〜5.5V
バックアップ電池LIR2032(充電池)別売り
24C32メモリー付き(RTC動作に関係なし)
プルアップ抵抗4.7KΩ
通電表示LED付き
基板サイズ:22x38mm

RTC動作確認(1分程度)動作OK
価格が魅力

検討事項
・バックアップ電池をCR2032へ変更(安価なため)
 充電回路無効化→200Ωチップ抵抗又はダイオード取り外し
・他 取り付け易さのため少サイズ化
 電池ホルダ外付け?
 ストレートピンヘッダへ変更?

チップ抵抗、ピンヘッダ、電池ホルダ取り外してみる。
クリックすると元のサイズで表示します
厚みは取り外し前約14.5mm 取り外し後約4mmでした。
取り付け方によってはメリットがあると思います。

電池ホルダを取り外したら、電池をつなぐ時にプラス、
マイナスを間違わないように気をつけないといけません。
電池ホルダが付いていたスルーホールの左側がプラスです。
電圧3Vで大きさが違う電池でも良いですが、設計では電池
容量とバックアップ時間を計算します。
参考:バックアップ電圧2.3〜5.5V(データシートより)
0
投稿者:管理人
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ