hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2021
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

MMA8451とBME280を2個づつ使う

MMA8451とBME280を2個づつないで測定できました。

追記 2020.12.02
バッファ無しで測定できるセンサケーブルの長さは合計3m程度です。
MMA8451とBME280の組合せ2組を、LANケーブルでマイコンに接続したテストした結果より

I2C-Busバッファでケーブル長さの制限が解決しました。
作ってみたI2C-BusバッファPCA9600D
PCA9600D I2C-Bus Buffer改
クリックすると元のサイズで表示します

センサについて
・Adafruit MMA8451 Accelerometer Breakout
 レギュレータ,レベル変換搭載 5V電源とロジック可
 I2Cプルアップ抵抗10kΩ付き
 I2Cアドレス 初期設定は0x1D、A端子をGND接続で0x1C

・BME280センサモジュール アマゾンで購入3個入1,880円
 レギュレータ,レベル変換搭載 5V電源とロジック可
 I2Cプルアップ抵抗10kΩ付き
 I2Cアドレス 初期設定は0x76、パターンカットはんだブリッジで0x77

MMA8451、BME280センサ
クリックすると元のサイズで表示します

センサはLANケーブルを使って延長接続
クリックすると元のサイズで表示します

マイコン-センサ接続ブロック図(バッファなし)
クリックすると元のサイズで表示します

MMA8451とBME280スケッチを合体
クリックすると元のサイズで表示します

MMA8451とBME280スケッチを合体
クリックすると元のサイズで表示します

MMA8451とBME280スケッチを合体
クリックすると元のサイズで表示します

シリアルモニタ表示
クリックすると元のサイズで表示します

ESPr-One(ESP-WROOM-02)での記事ですが、Arduinoでも
同様にできると思います。
興味がある方はお試し下さい。

無保証自己責任でよろしくお願いします。
0
投稿者:管理人
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ