hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

カレンダー

2021
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

4入力電圧ロガー記録フォーマットとスケッチ

4入力電圧ロガー記録フォーマットとスケッチ編です。
 アナログ(0〜5V)電圧入力は4入力です。
 トリガは4入力の論理和です。
 (いずれかに入力されればトリガされる)
 この記事では記録データフォーマットを説明します。
 編集中の記事です2019.11.16

スケッチを公開します。こちら

 以前の投稿
 2019/10/17 4入力対応変更 電圧ロガーの製作編
 2019/09/14 電圧ロガー4入力化 データ補正
 2019/09/09 電圧ロガー4入力化
 2019/07/05 電圧ロガー使い方
 2019/06/06 電圧ロガー製作 ソフトウエア編
 2019/06/05 電圧ロガー製作 後編
 2019/06/01 電圧ロガー製作 中編
 2019/05/30 電圧ロガー製作 前編
 2019/05/08 電圧ロガーを紹介します。
 と併せてご覧ください。
 
データフォーマット
・ファイル形式:CSV ファイル名は記録年月日です。
・データヘッダ部フォーマット:
 個体識別番号,センサー番号,西暦(4桁)/月(2桁),日(2桁),
 時間(2桁),分(2桁),秒(2桁),
・データ部フォーマット:
 ヘッダ部後ろに4桁のデータが100個並びます。
 100個の内訳
 入力0(n=25),入力1(n=25),入力2(n=25),入力3(n=25)
・入力毎データの内訳
 トリガ立ち上がり後5mS毎データ(n=15),
 トリガ立ち下がり後5mS毎データ(n=10), 
 ※5mSは目安です。入力0〜3波形差を少なく調整(つもり)
  実設定は4mS
0
投稿者:田舎人
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ