hiro yamamoto works

ESP8266 Web logger
RaspberryPi HiRes Audio
Mini Solar power system
当ブログ掲載内容は無保証です。利用は自己責任でお願いいたします。

 

RasPi用Quattro Case DCジャック取り付け

ケースへ電源供給DCジャックを取り付けました。

RaspberryPi(TinkerBoardもok)をQuattroCase入れて
ファン冷却、電源取り付けをまとめた記事はこちら

ACアダプタとHDMIケーブル、
そしてワイヤレスキーボードのレシーバを取り付けたら
起動準備OK
クリックすると元のサイズで表示します
ということで

DCジャック付けてしまいました。でも
クリックすると元のサイズで表示します

ファンと干渉してトップカバーが閉まらなくなるので
クリックすると元のサイズで表示します

ファンを加工します。
クリックすると元のサイズで表示します

拘ったために余計な加工が必要になってしまった。
同じ側面にファンに干渉しない取り付け場所があるので
次に作るときはそこへ変更します。

注意事項
・作ってみる方は自己責任でお願いします。
・MJ-60 2.1mm標準DCジャックパネル取り付け用 C-06299
 容量が12V0.5Aのため、RasPiの動作や、接続機器によっては
 電流容量オーバーとなりますのでご注意ください
 接続機器とはUSBやGPIOにつなぐ周辺機器やHATなどです。
 キーボードは40mA程度、マウスは20mA程度
 CPU負荷が大きい状態での電流は、
 RaspberryPi3 Bで1.3Aぐらい(接続機器なし)
 12Vで約0.58A(DC-DC効率93%)
 RaspberryPi3 B+で1.5Aぐらい(接続機器なし)
 12Vで約0.67Aと推定します。
 CPU負荷大とUSBで合計5V1.6Aだと12V約0.72A(推定)
 CPU負荷小とUSBで合計5V0.6Aだと12V約0.27A(推定)
 上記のようにピークでオーバーしている状態です。
 現在まで時々容量オーバーの状況は発生していますが
 幸い、いまのところ不具合なしです。
 RasPi4Bに向けて別部品の評価をすすめます。
・DC/DCコンバータ可変電源
 RasPiにつなぐ前に電圧確認をしてください。
 電圧は約5.2Vになっていると思います。
・ACアダプタ
 プラグのセンタにプラスが出ていることを確認後
 接続してください。
 電圧&電流容量 RasPi B+とセット販売品が5V3Aなので、
 5V3Aを得るために12Vで約1.34A(DC-DC効率93%)
 と思います。
 最大は13Vぐらいとして下さい。(最大定格+14Vのため)
 最小は9Vぐらいでも動くのではないかと思います。
 12V2Aセンタープラス(+)を使用しました。
0
投稿者:田舎人
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ