忘年山行

2010/12/19  18:59 | 投稿者: ますこ

 土曜日の9時ごろ、玉川のキャンプセンターに集合。近くの山を登る。登り1時間半、鉄塔の周りの陽だまりで御汁粉を作って食べ、御日様の温かさをいっぱい浴びて小一時間お昼寝。下山は45分ぐっらい・・・ということで山の会として御散歩程度の登山だった。降りてすぐに、車で15分程度の口坂本温泉へ。ぬるっとしてよい泉質。ぬるいのでのぼせずにゆっくり入っていられる。1時間ほどのんびり温泉につかって、キャンプセンターに戻って宴会の準備。野菜や肉をザクザク切って鍋だ。いろいろなおつまみやビールやワインなど、会費で用意したものやら差し入れやら、まあとっても食べきれない、飲みきれない量だ。4時ごろから飲んだり食べたり、おしゃべりしたり、山の歌を歌ったり、ビンゴをしてプレゼント交換したり・・・それにしても山の男たちのマメなこと。料理も、片付けも、掃除もさっささっさと動く男性が多いこと・・・朝食なんかは女性陣が起きて部屋にいったころには男性陣だけで作ってほとんど食べ終わっていた。そろそろ女性陣が来るかなっとタイミング良く珈琲を入れておいてくれたしね!
 仕事の仲間とか、学生時代の友人とか、そういう集団とは全く違うんだなあ。昨日、初めて会った人もいるし、生活の種類というか、質というか、なんていうか接点みたいなものがかなり薄い、山のぼりという共通点だけの「知らない人たち」と、仲良くすることがこんなに気楽で楽しいことだとは思わなかった。癒されるものなんだね。こういう形のお付き合いっていうのもさ。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ