北海道B

2010/8/22  21:04 | 投稿者: ますこ

 二日目は観光バスを予約してあった。旭川の旭山動物園を見て、美瑛、富良野を周って札幌に戻るコース。広い北海道だ。このコースにもそれなりに無理があり、動物園には2時間しかいられない。ガイドさんからペンギンと白クマとあざらしは絶対に見るべし、ただし並ぶよと言われていたので、お昼なんか食べている暇はないぞ、がんばろうって感じ。
 園内の動物の説明なんかはみんな手作りでアットホームな感じ。ゆっくり読んでみてまわりたいけれど、そんな余裕はなし。
 行動展示というのは「目からうろこ」「発想の転換」ということか。動物の生活ぶりをあちこちの角度から見れるようにしたってことだよね。ペンギンが泳いでいるところを下からみれば、まるでペンギンが空を飛んでいるみたいというわけだ。アザラシは狭いところを潜るのが好きだから、あざらしのプールに狭いトンネルを作ってそれを見れるようにすれば、プールと上からみているだけのあざらしとは違う生き生きとした姿が見れるってわけだ。
 動物に対する温かさを感じたよ。
 映画では美人市長さんが、閉園になりそうな動物園のこのアイデアを理解して予算を付けることにしてくれたという筋だったけれど、実際、かなりの投資をしただろうから、理解してくれる人がいて良かったね。
 老いて死ぬ間際の動物の展示もやめないそうだ。それが自然なことだから。
 たくさんの人がいて並んだけれど、けっこうあちこち見たよ。2時間でもそこそこいける!

クリックすると元のサイズで表示します

高いところに子供を登らせ(母は厳しかった!ちょっと嫌がった子供を無理に上げていた)ロープわたりをさせていたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

子供をロープのところにおいて母とっとと渡って下に降りちゃった。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ