次郎と正子

2009/12/23  8:20 | 投稿者: 益子

 「次郎と正子ー娘が語る素顔の白洲家ー牧山桂子著」読み終えました。とっても読みやすく、面白かったです。それにしても家事をいっさいできない母親(皿洗いさえできない・・・正子さんが洗ったものは後で洗いなおさなければならなかったそうです。)もいるもんなんだなあ、その娘さんはちゃんと家事ができるようになるんだから、「母親の家庭的さ」という基準はあんまり娘に影響しないかな・・・なんてちょっと自分に置き換えて、娘がもし家事が苦手でも私のせいじゃない・・・と都合よく思ったりして、あちこち声を出して笑いながら読みました。
 自分の「感性」を正しいと信じ、自分の思うことをはっきりと主張して強く生きてきた次郎と正子さん。その生き方はわがままだし、はた迷惑だったりもしたみたいけれど、でもとってもすがすがしく豊かな生き方だなあ!!
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ