青不動明王御開帳 京都C

2009/11/25  22:32 | 投稿者: 益子

 おうどんをいただいた後には東山三条のマイ宿近くの青蓮院に行った。地下鉄東山駅を地上に上がると相国寺辺りとは違って観光客が多い。平安神宮、南禅寺から銀閣寺へ、青蓮院、そして知恩院から八坂さんと天下の東山界隈であるわけだから人が多いのは当たり前だ。
 青不動明王は像ではなく、絵だ。平安時代に院が創建されて以来初めて御開帳するということで今までずっと秘仏としてきたとのこと。「天変地異の災いを治め、煩悩を焼き尽くしさまざまな祈願を成就へと導きます」とパンフレットに書いてある。毎日護摩を焚いてくださるとのことで全ての人に願いをかくお札?を下さった。保存のためか証明をぐっと抑えての展示だし、人も多くてなかなかじっくりお姿を拝見できなかったが青いお体の背後に赤い炎を背負っていかにも、悪や煩悩を焼き尽くすぞというお姿だった。
 青不動明王がいらっしゃるお部屋の隣で写経をするコーナーがあった。500円でできるのでチャレンジした。「諸悪莫作 諸善奉行 自浄其意 是諸仏教」の16文字を書き青不動さんにお供えしてきた。「諸の悪事はなさずに、もろもろの善を行いなさい、自ら其の意(こころ)を浄(きよ)くすること、これが諸仏の教えである」という意味とのこと。心にとどめておきたい。
クリックすると元のサイズで表示します

 お寺さんのHPはどこのものもなかなかよい出来だ。(こちら

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ