家族と過ごすこと

2009/8/31  19:16 | 投稿者: 益子

 28日(金)に長男が帰ってきて夫の方の祖父母宅に泊まりに行ていることは前回書いた。次の日、長男は朝から友人と遊びにいき、夜中になっても帰ってこない。午前の3時ごろ帰ってきたとかで30日の朝、起きてみて「いたのね」という感じ。その日は午後から別の友人と約束があり、その人と過ごしてから帰るとのこと・・・まあ、息子の帰省はいつもこんなもんで、家で家族と過ごす時間はごく短い。それでも朝、そこそこに起きてきて、午前中には私のほうの祖父母のいる施設に顔を出し、昼食は家族と食べてから友人と会う予定とのこと。彼の予定に合わせて家族がみな行動開始する。夫は朝食後、得意の珈琲を彼のためにいれ、私は私の両親のところに行くことに付き合うよう、早々に選挙にいき支度をする。娘と3人で両親の施設を訪ね、昼食はお街で鮨を食べようということで、夫とも待ち合わせる。
 昼食が終わり、息子と別れた後は、今度は娘の買い物に付き合う。ついつい服を買ってあげることになる。キルフェボンでケーキを食べたいというのでおやつもする。二人でぷらぷら歩きながら、いろいろな話をする。夏休みの最後に家族と過ごす小さな幸せをかみしめる。
 夜は8時の開票開始時にすでに民主党の圧勝が決定的。それでもずっとネットやテレビの音声で開票状況をチェック。
 私としては、前回なんであんなに小泉さんを支持したのかなあっていうほうが不思議というか、みなさんの良識を疑うのだけれど。ともかくも政権交代は歓迎だ。今はなにかが変わるかもしれないという期待がみんなにあるのは確かだ。あーあ、やっぱり何も変わらないねっていうことになりそうな一抹の不安があるのも本音のところかもしれない。それでもさ、民主党さん、がんばってくださいよ!!
 今朝、娘が帰ってしまった。9月の5連休のころまた来るとのこと。大学生は9月はまだ夏休みだ。ちょっと今日は寂しい気分。夏の終わりとダブルからだろう。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ