天に遊ぶ

2009/8/23  20:01 | 投稿者: 益子

 旅行中に久しぶりに吉村昭の小説を読んで、中毒現象。また読みたいなと思い、そうだ、前に買って読んでないものがあったような・・と本棚を探すと出てきた出てきた。「天に遊ぶ」原稿用紙10枚以内の超短篇集。「私は『天に遊ぶ』という題をつけたが、それはこれらの短篇を書いている折の私の心情そのものであった。天空を自在に遊泳するような思いで、書きつづけたのである。」と後書きにある。吉村さんはこの超短篇をかなり楽しんで書いたようだ。
 10枚であっても、登場する人物の現在、過去がおおよそつかめて、人となりも見えてきて、そして短いエピソードを通して「人間の姿」として読み手の心になんらかのインパクトを与える・・・小説家ってすごいな。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ