N響コンサート

2009/2/28  19:31 | 投稿者: 益子

 N響コンサートに行ってきた。満席。年齢層はけっこう高い。プログラムはフィガロの結婚、クラリネット協奏曲、シェエラザード。良かった!!
 ソリストのクラリネットの音色ははまろやかで優しく響いていた。私は中学、高校、大学と吹奏楽でクラリネットを吹いていた。吹奏楽部の生活が青春の全てといってもいい。クラリネットを吹くことが自分で自分の存在を認めることのできる唯一のものだった。モーツァルトのクラリネット協奏曲は憧れの曲だ。部分的に練習してみたりしたものだ。とても自分のテクニックではふけるものではなかったが。久しぶりにクラリネットの演奏に触れ、とても楽しい気持ちになった。
 シェエラザードはハープが重要なパートを担っていた。バイオリンソロで主題のメロディーが何度か出てくるが、ハープがバイオリンと掛け合いをする。ハープというのはオーケストラの中でもかなり存在感のある楽器だ。お休みが多いから出番のタイミングを間違えないようにするのは大変だろうな。
 いい音楽を聴いてわくわくドキドキした。いい休日だった。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ