生きにくい子ども達A

2005/9/5  20:28 | 投稿者: 益子

 前号で生きにくい子ども達について書いた。軽度発達障害といわれる子ども達のことで、アスペルガー症候群、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、高機能自閉症、学習障害(LD)などの障害名をもつ。彼らはいわゆる知的障害はない。それどころか大変に優秀で、一芸に秀でていることも多い。しかし脳の機能のどこかに一般的でないところがあり、人とのコミュニケーションの持ち方や社会性に問題を持つことが多い。
 前号で、子ども達の特徴について分かりにくい方は窓際のトットちゃんを思い浮かべてほしいと書いた。窓際のトットちゃんこと黒柳徹子さんはあまりにも落ち着かない、その奇異な行動によって小学校を退学になった。彼女は繰り上がりや繰り下がりの足し算引き算ができないので、LDとも言われる。また、小さい頃の落ち着かなさはADHDとも言われる。このようにいくつかの障害名があらわす特徴を重ね持つことも多い。
 過去の天才といわれる人たちの中に軽度発達障害といわれる人たちはかなり多い。ベル、エジソン、アインシュタイン、レオナルド・ダ・ビンチ、坂本龍馬、モーツアルトなどは良く例に挙げられる。身近なところでは、長嶋茂雄氏もよく話題になる。
 つまり、これらの障害は、昨今その特性について整理され、障害名がつけられ、支援方法などが研究されるようになったが、昔から存在していたちょっと変わった人たちのことであり、そういった変わった人たちのおかげで、世の中は大きく変化し発展を遂げてきたということも多々あるのである。
 「みんなちがってみんないい」は金子みすゞの詩の中の一節だが、この一節が小学校の教師などの中でちょっとしたブームになるほど、今という時代は、みんなとどこか違う子、言い換えれば個性の強い子はかなり生きにくく、集団から排除され易い時代らしい。それが、いじめにもつながっているのだろう。
 エジソンもモーツアルトもその時代を生きる時に何らかの生きにくさを抱えていたのかもしれない。しかし、彼らが果たした偉業の功績は多大であり、その生命の存在に感謝する時、改めて、人が人として生まれてくることの尊さに障害のあるなしによる違いや差はないことと、だれでもが幸せな人生を追求していける社会の寛容さ、成熟さを願わずにはいられない。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ