ハープさぼる。

2007/10/30  21:49 | 投稿者: 益子

 いっぱいいっぱいかな?なんだかんだと仕事があって学校をでるのが7時ごろになり、急いで夕飯をして・・・7時40分ぐらいまでにハープの先生のところに行くのがしんどくなってしまう・・・というかほとんど無理。「先生ごめんね」の電話をし、今度の日曜日に延期。
 「赤福」の問題から食品の製造日等の改ざんがいろいろとニュースになっている。決まりを守らずに消費者を欺いての商売はけしからん。それはそうなのだけれど・・・でもさ、だれもおなかを壊したとかではないのだから・・・もし決まりどおりにするなら捨ててしまうことになるというのは「もったいない」という気持ちになるのはいけないことですか?賞味期限というやつが少し厳しすぎるんでこういう問題が起こるのかしら。それとも闇雲に新しい物がよいという消費者の意識の問題からくるのかしら?あるいはあまりにも広範囲に生のお菓子を売ろうということからくる問題なのかしら?お伊勢さんへ行って食べれればいいお菓子を名古屋駅や新幹線の中で買えなくてもいいものねえ。
 何はともあれ、日本の中でも世界のあちらこちらでも餓死するひとがいるというこの世の中で、もっと謙虚に食べ物を扱いたいなあなんて思うのですが。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ