旅の復習A

2018/7/4  15:35 | 投稿者: masuko

 円覚寺(えんがくじ)・・・「かく」ではなく「がく」

 鎌倉時代後半の弘安5年(1282)、ときの執権北条時宗が中国・宋より招いた無学祖元禅師により、円覚寺は開山されました。開基である時宗公は18歳で執権職につき、無学祖元禅師を師として深く禅宗に帰依されていました。国家の鎮護、禅を弘めたいという願い、そして蒙古襲来による殉死者を、敵味方の区別なく平等に弔うため、円覚寺の建立を発願されました。

 
 三門:三門は三解脱さんげだつ(空くう・無相むそう・無願むがん)を象徴するといわれ、諸々の煩悩を取り払って涅槃・解脱の世界である仏殿に至る門とされています。
 
 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します


 国宝洪鐘:関東で最も大きい洪鐘(高さ259.5cm)で、国宝に指定されています。円覚寺の開基である北条時宗の子である貞時が正安3年(1301)、国家安泰を祈願して寄進したものです。

 クリックすると元のサイズで表示します

 大鐘のあるところは小高い山、そこから見えた富士山

 クリックすると元のサイズで表示します

 
 多分、一人だったら、奥まで歩いて行って国宝、舎利殿を見てきたと思うけれど、みなさん、暑い中、体力温存したかったみたいで。洪鐘の所へ昇るのも渋々だったからね(笑)

 大方丈の中で修行の様子をビデオで流していました。面白かったな。物を食べる時には、沢庵でさえ音をだしてはいけないそうだけれど、うどんをすする音のみ、OKだそうです。
1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ