足利義政 ドナルド・キーン

2017/12/10  10:23 | 投稿者: masuko

 芹沢光治良さんも一段落して師匠の本に戻っていますよ。

 キーンさんは日本の心の原点として東山文化を重要視しているんでね、それを読んでおかなくてはと思って。

 とても分かり易く書いてありました。

 確かに、今、誰でもが感じる日本らしさ、例えば、畳とか障子とか床の間とか、生け花、茶の湯・・・そういった諸々のものはこのころが、というより義政の美意識が原点なんだよね。

 この本の最後の一文

 「史上最悪の将軍は、すべての日本人に永遠の遺産を残した唯一の将軍だった」

 勉強になりました。師匠!

 クリックすると元のサイズで表示します


 ところで、今、いろいろ検索していたら、この本と「足利義政と銀閣寺」という題名の本は全く同じ内容だったみたい。
 図書館で予約しちゃったな。取り消さなくっちゃ。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ