ギフト 僕がきみに残せるもの

2017/9/26  15:33 | 投稿者: masuko

 最近、映画館に行く熱意がちょっと薄れている。

 9月中に利用しないと無効になってしまうチケットがあったからね。行ってきたよ。

 何を見るか迷ったけれど、これにしました。「ギフト 僕がきみに残せるもの

 アメリカン・フットボールの最高峰、NFL。ニューオーリンズ・セインツのスティーヴ・グリーソンは特別なヒーローだった。ハリケーン“カトリーナ”に襲われたニューオーリンズの災害後初の、市民が待ちに待ったホームゲームでチームを劇的な勝利に導いたからだ。
それから5年後。すでに選手生活を終えていたグリーソンは、病院で信じられない宣告を受ける。「あなたはALS(筋萎縮性側索硬化症)です」。そして、同じ頃、妻ミシェルの妊娠がわかった。初めて授かった子供。だが自分は、生きている間に、我が子に会うことができるのだろうか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのだろうか。グリーソンは決めた。まだ見ぬ子どもに贈るために、毎日、ビデオダイアリーを撮り続けると。


 ふむ。人生っていうのはなかなかに凄い。神様はALS患者の未来のために彼を選んだのだろうか。
 
 クリックすると元のサイズで表示します 

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 目でパソコンに入力していってその文字を声が出た頃に録音しておいた自分の声で再生できる装置(音声合成機器)、凄いね。

 入力の速さがまた凄い。

 彼が運動してこの機器を保険適用できるようにしたんだね。「スティーヴ・グリーソン法」

 人工呼吸器になってしまったけれど、たくさんの人達に支えられながら現在も、人生をエンジョイしていらっしゃる。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ