コーディネーター

2007/7/30  19:50 | 投稿者: 益子

 今日は、市内の小学校の特別支援に関する夏の研修に参加した。午前中は私の講演。午後は事例検討会。一日中、かなり気を遣ったので疲れた。講演に関しては、内容的には悪くなかったのではないかと思っているが、面白おかしくとか、聴いていてとっても分かりやすいとか・・・っていうことになるとどうだったのだろうか。午後の事例検討会では、先日、一日観察させてもらったお子さんについて今後どういう支援をしていくかというような話で、これもなかなか難しいけれど、感じたことを率直に話させてもらった。
 先生方は皆さんとても熱心で、こういった体制を作っている学校は市内の中でも特別支援教育の取り組みがかなり進んでいる方ではないかと思う。コーディネーターの先生の御尽力には頭がさがる。最後の校長先生のお話の中でも養護学校が特別支援教育のセンター的役割を果たしてくれてうれしいというようなお話をいただいた。私が自分の学校で疎外感、孤独感を感じながらも力を尽くしていることが、どこかで役にたっていることなんだとほっとするようなものがあった。
 が・・・・なぜかとてもむなしい思いがしている。これってなんなのかなあ?今の自分の思いをさっきからなんだろうって分析している・・・よく分からないけれど、多分、子どもさんの指導にもっと関わりたいということかなあという思いが一つにはある。やはり、自分が関わって確かに子どもがよく変わっていったという手ごたえを感じていないと、教員というものは満足感がないのではないだろうか。先生方にお話をして、指導の参考にしてもらうという立場ではなんだか落ちつかない。
 そしてもう一つは、やっぱり、養護学校の先生は勝手なこと言ってるよという声もちょっと聞こえてくるようなそんな風な気持ちもどこかにある。
 それから・・・このことに関わっていくと、ずっとずっと果てしなく勉強し続けなくてはやっていけないぞという手ごわさが身にしみて、その道のりの困難さというか、自己努力の必要性とかに押しつぶされそうになっているというか・・・
 まあ今の自分の気持ちというのはそんなところですかね。ともかくも何にも手につかないほど疲れてしまったよ。夏休みなので普段はこういう相談出張支援に参加できない本校の先生を一人誘って参加してもらったが、「先生たちっていつもこんなことやっているんだ・・・大変だね」って。その通りなんですよ。 
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ