求愛 瀬戸内寂聴

2016/6/22  8:21 | 投稿者: masuko

 5月に発売されている。

 書店で気がつかなかったな。図書館の新着資料のコーナーで見つけて予約。

 久しぶりの寂聴さん。

 4ページ、多分1600字以内のショートショートなものを30編。

 95歳にしてこのつややかなお話の数々。さすがに寂聴さんです。

 例によってこれは本人のこと、これはあの愛人でいらした方のことかしら・・というものもあるけれど、ほんのちょっとした男と女のできごとが短く語られているだけなのに、その男とその女は確かに生きている。その人の生活と歴史がある。

 必要不可欠な言葉だけが並んでいるんだね。ひとつひとつ吟味した言葉の数々がきらめいている。

 面白かったよ。

 クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ