いろいろと伝えたいことのC

2015/10/31  18:19 | 投稿者: masuko

 食べものの恵に感謝して料理する、食べる・・・

 そのことの大切さを改めて「わら」の船越さんから教えられました。

 断食中、二日目の午後にコップ一杯の野菜ジュースをいただくことができます。過去2回は市販の野菜ジュースでしたが、今回はわらの手作りジュースで人参と玉ねぎを重ね煮したものと船越さんの奥様のご実家の無農薬みかんで作ったジュースをミキサーにかけたものでした。あま〜〜くてとってもおいしかったです。

 で、それをいただくときと、断食明けの食事を食べだすときにみんなで唱えたのが

 雨土の
 お恵みと
 これを作られた方の
 御愛念に感謝して
 いただきます
 この食べ物が
 私たちの身体の中に入って
 自他共に
 お役に立ちますように
 ありがとうございます。
 


 船越さんはこのお祈りをしてから料理するとのこと。(5行目を「料理させていただきます」に変える)そうしているうちに手の平からはレイキが出るようになり、そういう関係の方から「あんた、どうしてレイキでる?」って驚かれたそうな。

 帰って来てから重ね煮について検索したところ船越さんと同じ師匠に学んだ方のHPやそのお料理教室の動画がヒットしました。
 その中にこのお祈りをして料理を始めるところがあったのでリンクします。

 おいしい重ね煮・体験会 その3 火にかける前のお祈り

 重ね煮。昔、玄米菜食にかなり凝って、その関係の雑誌なんかを取り寄せていたときにはしばらくやっていましたね。野菜がとっても甘く甘く煮えます。久しぶりにやってみようと思っていくつかレシピをネットで見ました。重ねる順番を自分で考えるときのヒントは火を太陽だと思って、太陽に近いものから入れていく。つまり、葉物が下で根菜の方が上。と雑誌に書いてあったと思います。今回、検索したHPにはそうは書いてなかったですけれどね。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ