リコーダーがんばる!

2015/4/5  18:06 | 投稿者: masuko

 今日は、私の友人にリコーダーの練習に参加してもらった。積志リコーダーカルテットという浜松のグループで長年、演奏活動をしていて、彼がリコーダーアンサンブル用に編曲した曲もたくさんあり、楽譜集になって売り出されてもいる。
 私達の演奏を聴いて気がつくことをいろいろアドバイスしてもらってとっても勉強になったよ。
 音を小さくすると音程が下がっちゃう場合の替え指も教えてもらった。基本、リコーダーは息の勢いをつけて強く吹くと音程があがり、小さく弱く吹くと音程が下がる。それがなかなか難しいところだよね。3人とか4人とかでアンサンブルすると、自分でない人がメロディーを吹いているから邪魔にならないように小さな音にしたいのに音がさがってしまうとハーモニーが崩れるからね。
 さらに、曲のイメージの持ち方とか、フレーズのとり方、流れなどをアドバイスしてもらった。可愛く吹くとか、流れるように吹くとか、軽く吹くとかけっこうそういうあいまいな言葉でもそれをイメージするだけで随分と吹き方が違ってくるものだ。そのためにタンギングがどうの、息の吹き入れ方がどうのって細かなスキルがどう変わったのか自分でもわからないけれど、知らないウチに変わっている。そこがなかなか面白い。
 それと前にもこのブログで書いたけれど、自分で声を出して歌う時と同じ脳を使うというか、その音程をイメージし、且つ、その音程を喉から声に出すようなつもりで吹くと、音程が合いやすいように思っていたがそれも間違っていなかったようだ。

 音楽は「音を楽しむ」と書く。

 ハープはなかなか難しく楽しむところまで行きつかずスキルの面で四苦八苦してしまうことが多い。それでも、最近は少しだけ、どういう指のはじき方をするとどういう音がでるのか、今、自分はどう感じられる音を出したのか・・などなど、スキルを向上させるべく練習ながら音を楽しむということが出来てきているように思う。

 リコーダーもハープも奧が深い。「上手に」ということを目指すのではなく、吹いてる方も聴いている人も「楽しい」ということを目指せるといいね。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ