すこしお疲れです。

2007/2/12  10:24 | 投稿者: 益子

 親孝行も少し疲れた。前回の投稿の予定通り、昨日、一昨日は午前をハープの練習などをし、昼食から実家の父や姉の家族の分を用意し、午後は病院に行って母と少しの時間をすごし、その後、また実家に戻り夕食作りというような生活をした。おまけに昨日の午前は珍しく家の掃除などしっかりやって、やけに張り切っているかんじだった。
 一昨日はおでんをたくさん煮た。大根、ジャガイモ、ゆで卵、こんにゃく・・・などなど5.6人が楽しめるような分量で準備するのは結構な手間だ。だしを昆布とかつおの厚削りでしっかりとって鶏肉を少しいれ薄口のさっぱりした味に仕上げた。さっこん売り出し中の静岡(しぞーか)おでんを私は作らない。汁に透明感のある、さっぱりしたおでんが好きだ。
 昨日はサラダに力を入れた。大根、水菜、赤ピーマン、菜の花、鶏肉のあぶり焼き、海草。そこにカリカリのちりめんじゃこをパラパラと思ったがカリカリのじゃこって売っているのかしらなんて思いながら「あじわいじゃこごはん」というふりかけをかければいいじゃんということにした。あとはそれぞれお好きなドレッシングで。これがなかなか好評。東京から帰ってきた姪、私の夫や娘も集まってにぎやかな夕食。メインディッシュは大阪の叔母(母の妹)が母のいない留守家族にクール宅急便で送ってくれた手作りの肉の味噌漬け。かなり上等な牛肉で大満足。その他、豆腐、なめこ、三つ葉の味噌汁とレンコンの金平。前の日のおでんの残り。テーブルに所狭しと料理が並んだ。母の病気のお陰(?)でちょっとした家族団らん。
 てなわけで珍しくしっかり料理をした。慣れない台所で器具やらなにやら探しながらで、分量もいつもと違うので頭と体を使った感じがする。
 少々疲れたなあと思っていたところ、姉が東京から帰ってきた姪もいるのでご飯のことはしてくれなくてもいいよ、連休の最後の日はゆっくりしたらと有難いお言葉。仕事のある日は父のこともお任せだし、次の週末は旅行に行かせてもらうという負い目もありこの連休は私が・・と張り切ったが、さすがに持っていったパソコンを開く暇もなく、仕事も思うように進んでいないので姉の言葉に甘えることにした。
 母もあと一週間程度で退院するし、そこそこ普通の生活ができるというから良かったが、これで介護的な生活が続くとなるとヘルパーさんに手伝ってもらったとしてもやはりかなり大変だなあと思う。このブログにも「介護」というカテゴリーが増えるかな?
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ