エリザベス:ゴールデン・エイジ

2014/11/13  21:00 | 投稿者: masuko

 DVDを。「エリザベス:ゴールデン・エイジ」

 弱冠25歳にしてイングランド女王に即位したエリザベス(ケイト・ブランシェット)。宗教問題に権力闘争、欧州列強の侵攻の危機、加えてスコットランドのメアリー女王が逃亡してきて王位を主張するなど、なおも彼女を脅かす火種が潜在していた。そんな折、エリザベスは新世界への夢を語る航海士・ローリーと出会い、禁じられた想いに駆られる。だが時は1587年に移り、メアリー処刑をきっかけに1万人ものスペイン無敵艦隊の侵攻がすぐそこに迫ってきていた…。前作『エリザベス』から約10年、カプール監督とK・ブランシェット、前作スタッフが再結集して贈る、エリザベスの新たな伝説。

 ブルージャスミンのケイト・ブランシェットがエリザベスを演じる。どちらの映画を観ても意志の強い女、でも心の内にはもろい弱さを抱え苦悩する女、身体の奥深くからわきでるような強いエネルギーが感じられる女、そんな感じを演じるのが巧い。
 
 前作「エリザベス」も観たくなったな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ベス役のアビー・コーニッッシュ きれいだなあ。
クリックすると元のサイズで表示します

海の男、ウォルター・ローリーを演じるのはクライヴ・オーウェン。甘いマスクがいいねえ。
クリックすると元のサイズで表示します


0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ