静岡交響楽団の演奏を。

2014/9/28  21:31 | 投稿者: masuko

 清水のマリナーズにオーケストラを聞きにいってきた。
  ロッシーニ 歌劇「ウィリアム・テル」序曲
  メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
  ベルリオーズ 幻想交響曲 作品14

 「超・名曲コンサート」というタイトル通り、誰でも聞いたことがあるよなっていう名曲ぞろい。でも実のところ私は幻想交響曲はあんまり馴染みがなかったから、とっても新鮮に聞いた。いかにもいかにもオーケストラでございって感じだな。金管、木管が活躍すると、打楽器が、そしてハープが、はたまたヴァイオリンがすごい奏法で・・・みたいな感じで見ても聞いても面白いっていう感じでした。
 2楽章でハープが2台、大活躍。もちろん我が先生であります。今回は2台ということで娘さんと日程が合わずで、先生の先生に東京からお越しいただいてという豪華キャスト。2楽章だけでなくもっと弾いてよって思ったけれど、仕方がないですね。オケのハープって弾くときには絶対に目立つ役割だから大変だね。

 今度の土曜日に夫が東京の国立劇場で行われる長唄の会に出るんだけれど、その時に私も着物を着ようと思って、今日は練習。着物でコンサートに出かけましたよ。紬と違ってこういう垂れものはきゅっと締まらないから着崩れそうで怖い。でも、割ときちっと着れた。帯は袋帯で二重太鼓。いつも名古屋帯だからこの結び方は慣れない。なんとかできた。

 クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ