謎とき 伊勢神宮

2014/8/25  17:11 | 投稿者: masuko

 樹木希林さんの映画を観た次の日だったか図書館に行ったときに、ふともう少し伊勢神宮について知ろうと思って借りた。
 今まであまりにも知らなかったな。一度いったことがあるけれど、子どもが小さい時でそのお世話でいっぱいいっぱいだったのと、頭痛のひどい日でお参りどころでなかったっていう思い出がある。
 
 ごく、基本的なこと

 内宮:天照大神を祀る。皇室の祖先。三種の神器である八咫鏡(やたのかがみ)が鎮座しその分身は宮中の賢所にある。
 外宮:食事の神さまでもある豊受大御神(とようけのおおみかみ)を祀る。

 内宮には10所、外宮には4所の別宮がある。

 伊勢に祀られるようになったのは約2,000年前で、倭姫命(ヤマトヒメノミコト)がよい場所を探して五十鈴川のほとりに決めたとのこと。 

 遷宮は20年に一度行っているが、それは天武天皇が定めた。一回目は持統天皇の時で690年。
 遷宮では内宮、外宮の正殿、別宮、大小の鳥居、五十鈴川の宇治橋があらたに造営され、神宝や神々の装束も新調される。遷宮のための準備に8年かかる(「かける」という言葉の方があっているのかな)。

 様々な祭事のこと。神さまの衣食のこと、その他いろいろなことが書かれていた。

 伊勢神宮のHPをみたらかなり細かに紹介されている。アニメも使って解りやすい。参拝についても一日コース、一泊二日コースと丁寧に説明されていた。HPで遷宮の日程をみると昨年、正殿の遷宮が行われたが、荒祭宮・多賀宮以外の別宮の遷宮は今年秋から来年の3月ごろに行われるとのこと。

 せんぐう館、神宮徴古館・農業館、神宮美術館もある。

 一度、ゆっくりと参拝してみようと思う。

 クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ