亀戸天神さん

2014/2/23  15:26 | 投稿者: masuko

 姪の入院している産婦人科は亀戸にあった。お見舞いをして駅に戻ると、駅前に創業文化二年船橋屋というくず餅屋さんの本店がある。あー船橋屋って亀戸なんだー!・・・博物館が混んでいて昼食もとれずだったのでお店で梅あんみつをいただく。創業から二百余年、江戸の味を受け継いで・・・なんていうのに弱い(笑)。お土産にくず餅も購入。
 お店の人が亀戸天神で梅祭りをやっているんで賑わっているみたいですよって言う。駅のところにある地図をみたらそう遠くないみたい。15分も歩けばかなあって思って行ってみることにした。知らない街を歩くのは嫌いではない。
 特に親しい人で受験する人もいないけどまあ、お参りをして梅を見る。
 梅って咲き誇るっていう感じじゃなくて謙虚な感じだよね。
 だんだん夕方になってきて陽が陰ってきたらけっこう冷たい。寒かった。
 ところで、関西のくず餅は葛粉で作るが関東のくず餅は小麦粉のデンプンを乳酸菌で発酵させるとな。それも450日も。その上で蒸してできたお餅だそうな。同じ名前なのは紛らわしい。どちらもきなこや黒蜜で戴くしね。製造工程がどうも不思議だったんでHPで勉強しました。美味しかったです。
 亀戸の商店街を歩いたけれど、下町って感じでほっこりする。果物屋、八百屋、肉屋が残ってい る。昭和の香りのする店が嬉しい。
 東京ってこれがいいよね。昭和のころには明治どころか江戸の香りもしたのかもな
 先日の雪が歩道やそこらにけっこう残っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 藤棚も立派。その季節もいいね。

 
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ