今の生活に足りないもの

2013/10/2  12:36 | 投稿者: masuko

 夫がいない生活7日目。これからの生活についていろいろ考えてみた。
 仕事をやめて、今まで使ってこなかった脳やもともと好きだった分野の脳を活性化させたいと思った。モノ作りと演奏活動と芸術鑑賞、旅行がまず脳にいいぞっと考えた。だから、着物リメイク、洋裁を始めた。これは今まであまり使ってこなかった脳の分野を刺激していてとってもよい。モノを作るという行為はとてもいいね。音楽の演奏活動は今までもリコーダーアンサンブルとハープをやっていて、特にハープの方は今までの2倍くらい練習していると思う。ほぼ毎日練習するからね。だからってメキメキうまくなるってもんでもないところが難しいねえ。リコーダーは仲間と2、3週間に一度の練習をする日以外にはなかなか手にしないが、もう少し、家で独りで練習したいなあって思っている。芸術鑑賞は美術館、博物館、コンサート、映画、落語、歌舞伎等、そこそこだ。旅行もけっこう実行しているよね。春に宝石屋さんのイベントでカード占いをやってもらったら旅行がいいって言ってもらってぴったり!って思ったよ。それから自分の身体の声を聞こうと思ってヨガも始めた。週1程度でスタジオに行っている。
 で・・・なかなかいい生活しているじゃんって思っていたんだけれど、なんだか物足りなくなってきた。っていうのも、夫がいなくなってみると、朝は、息子と一言かわすのみ、夜は私が寝るまでに息子が帰ってこなかったら、一日で人と会話したのがそれ一言みたいなそんな日もありえるなあって・・・ちょっとこれはまずいのではないかと、もう少しだけ、社会とつながっている必要があるのではないかと・・・
 ボランティア?絵本の読み聞かせ?・・・ちょうどチラシが目にはいったんだけれど、いのちの電話の相談員・・・ちょっと重すぎるかなあ。病院でもボランティア募集してたような・・・
 それとも、表現活動を増やす? ダンス?合唱?吹奏楽?
 ん・・・・ちょっと考えよう。っていうか、こういうのってなんかの出会い、きっかけがホイって起きるように思うからなあ。そう言う意味でいうとふっと目にはいったチラシっていうのもけっこうな出会いかもなあ。どうすんべ。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ