ミシン!!動いた〜!

2013/5/7  19:58 | 投稿者: masuko

 退職したらやろうっと思っていたことの一つに着物のリメイクがある。母、義母、叔母、はたまた祖母のものと思われるもの等、たくさんの着物が存在する。仕立て直して着ようと思い、いくつかは私の寸法に合わせて仕立て直した。しかし、これはもう着るには・・・・でも洋服にしたら面白いかも・・・というわけで、捨てるに捨てられず、我が家のタンスやクローゼットに山となっている。
 その中に多分、母の弟が小さい時に着たのだろうと思われる子どもの絣の着物が3枚ある。大人が着古した物を直してあるらしい。上げがしてあったり織り込まれていたり、よく分からないけれどいろいろな工夫をして祖母が縫ったのではないだろうか。だいぶ痛んではいるがそういうところを避ければ夏のブラウスのひとつぐらいできそうだ。3枚のうち2枚が同じ模様だったので2枚ほどいた。写真を撮るのに早く気がつけばよかった。1枚ほどいたところでぱちり。

 とりあえず、ほどいて洗って干した。リッパーって便利だね。

クリックすると元のサイズで表示します

 型紙いらずの着物リメイク・ワードロープという本を買ってある。それを参考にして作ってみようと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

 なんとなんとミシンを出した。何年ぶりだ?? 動いた動いた!
 実は教員免許の教科は家庭科。でも、洋裁にはとっても苦手意識がある。(洋裁なんか勉強しなくても家庭科の免許はとれる。食物科だもの。)苦手意識を植え付けたのは母だと思う。小学校、中学校の家庭科の宿題を黙って見ていて欲しかった。
 まあ、やってみるさ。
 なんとかできあがったらまた写真をアップしよう。もしこれで袖を通せるものができれば、なんと昭和の初期以来のお目見えとなる。なかなかいい試みだと思うけれど。

 明日は我が家御用達の呉服屋さんにきてもらって実家から出てきた反物や仕立て直したい着物について相談する予定。これから暑くなってくるがそういう時にもさわやかに着物を着てみたい。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ