魔術はささやく 宮部みゆき

2011/11/1  20:50 | 投稿者: ますこ

 鍵を忘れた日に購入した本。病院のまち時間などで本日読み終わる。
 やっぱり時代物がいいなあ。現代のものはなんだか怖い、どきどき、はらはらする。でも、途中からは早く次の展開が知りたくて引き込まれていく。サスペンスの醍醐味かなあ。宮部さんのことだから、最後は悲劇ではないはずだ、何か救いがあるはずだと信じていられるので、おそるおそるでも次のページをめくることができる。やっぱりそうだった。ちょっとできすぎかなっという終わり方かもしれない。
 面白かった。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ