ラジオ:ラジオ深夜便 明日へのことば:星と人をつなぐ 宙先案内人 高橋真理子さん  TVラジオ番組情報

【ラジオ】
ラジオ深夜便
10月15日(火)午前4:00〜5:00=14日(月)28:00〜29:00
NHK−FM、NHKラジオ第一
明日へのことば:星と人をつなぐ 宙先案内人 高橋真理子さん
ラジオ深夜便

40分ほどのインタヴュー
これまでのこと、星野道夫氏のこと、病院がプラネタリウムのこと…など


月曜深夜=火曜早朝…午前4時台の放送です。
リアルタイムは難しい方が多いと思いますが、「聞き逃しサービス」があります。
放送翌日くらいにアップになると思いますが、放送後1週間の期間限定ですので、お早めに!


高橋真理子さんプロフィール

星空工房アルリシャ






病院がプラネタリウム@FACEBOOK

星つむぎの村@FACEBOOK

星野道夫 公式サイト


高橋真理子さん著書

人はなぜ星を見上げるのか―星と人をつなぐ仕事



星野道夫に、オーロラに憧れた高校生は、研究者から星と人々をつなぐ仕事にふみだした… 宇宙飛行士のウェイクアップコールに使われた「星つむぎの歌」をつむぎだした人びとの想い。 視覚障害者が、星空に抱く想い。震災に遭った人々が、満天の星空にもらった希望と勇気。 星と戦争の関係を掘り起こし、織り姫星にかけた人びとの平和への思いを伝える。 星と人とをつなぐ仕事を通して見えた人の思い、未来を語る。



星空を届けたい 出張プラネタリウム、はじめました!



星空を見られない人に、星を届けたい!
科学館のプラネタリウムの仕事を通じて、多くの人に星や宇宙の魅力を伝えようと精力的に活動してきた高橋真理子さん。けれども娘の入院を機に、入院中の子どもたちや、外出できない人たちのことが気になりはじめます。やがて「科学館に来られない人に、星空を届けたい」という気持ちが大きくなり、科学館を辞めて、自分でプラネタリウムを持って小児病棟や被災地を投影を行う、新しい仕事をはじめました。
——全国で8000人が体験した、〈病院がプラネタリウム〉の誕生物語。



星つむぎの歌

 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ