TV:情熱大陸 松本紀生 赤いオーロラを追う写真家  TVラジオ番組情報

【TV】
 3月23日(日) 23:35〜24:05 TBS系列
 情熱大陸
 写真家・松本紀生「赤いオーロラを追う写真家」

愛妻を想いつつ「赤いオーロラ」を追え! 
人生をアラスカにささげた写真家が奇跡の一瞬を追い続ける

写真家・松本紀生が狙っている写真は20年間変わっていない。
アメリカ合衆国最北端の北米大陸最高峰・マッキンリーを覆いつくすように出現する“赤いオーロラ”だ。
番組は、昨年11月から“赤いオーロラ”を追い続ける姿に密着した。
松本は現地に衛星電話を持ち込み、毎日、妻への電話とメールを欠かさない。
最愛の妻を日本に残し、極寒の地・アラスカに人生を捧げる写真家の前に果たして“赤いオーロラ”は現れるのか?


【プロフィール】
松本紀生 写真家。1972年、愛媛県生まれ。
大学時代、星野道夫の著書「アラスカ 光と風」に出会い感銘を受け、大学を中退しアラスカ大学へ編入。キャンプスキルや写真の技術は独学で習得。
今では1年の約半分(夏と冬)をアラスカで過ごし、夏は北極圏や無人島でクジラや熊の写真を撮り、冬は氷河の上のかまくらで、オーロラが出るのを待ち続けている。(現在42歳)

【ツイッター】
http://www.twitter.com/jounetsu
番組の感想には#jounetsuを  

【フェイスブック】
http://www.facebook.com/jounetsutairiku


 彼を知ったのは、アラスカ・アンカレジを発つ朝、空港の自動販売機で売られていた新聞日曜版のグラビア写真でした。
 この時の詳細は、ブログに書いています。

松本紀生写真展「アラスカ原野行」
 
 松本紀生さん関連の拙ブログ記事一覧
 その1
 その2

 "Norio Matsumoto"

 私にとって彼との出会いは「英字クレジット」で長らく謎の人でしたが、ようやく明らかになり、そしてご対面。
 その後、何度かお目にかかったことがあります。
 とても穏やかで優しい雰囲気の方で、細身のイケメン。
 でも、極寒の冬のデナリ(マッキンリー)の氷河の上で、一人で何か月も過ごされる方。
 芯がしっかりしてブレず、けれども、しなやかな方なのだと思います。

 彼は「アラスカ・フォトライブ」という、素晴らしい活動をされています!
 もし、お近くでの開催があったら、是非是非参加されることをお勧めします!!
 詳しくは公式サイトで。

松本紀生オフィシャルサイト


  
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ