金環日蝕情報  空&宇宙

2012年5月21日、金環日蝕

クリックすると元のサイズで表示します
提供:アストロアーツ/星ナビ


・金環日蝕は、食分(欠ける割合)がとても大きな部分日蝕。(^^;
・皆既日蝕のように、真っ暗にはなりません
・但し、食分が60%を超えてくる位になると、ほんの少し暗くなるのが分かったり、景色が青味がかって見えたりします。
・食分が90%を超えると、目が良い人は金星(太陽の左下に随分離れた所)が見えるかも知れません。
・それでも、太陽はとても眩しくて、金環日蝕のリングも肉眼で直接見ることは出来ません。(薄雲などがフィルターの役目をして見えることがありますが、目を傷めるので、肉眼で直接見てはいけません

クリックすると元のサイズで表示します
金環日食の連続写真(1999年2月16日オーストラリア)
提供:アストロアーツ/星ナビ 撮影:川村 晶氏


 今から25年前、1987年9月23日に沖縄で金環日蝕がありました。その時の写真があるのですが…当然ですが全てフィルム撮影。現在手元のスキャナが壊れていて使えないので、画像がアップできません。折角の時なのに、残念です。(涙)
 アストロアーツのご厚意で、写真を無償で使わせて頂きました。
 このように金環(部分)日蝕を撮影するには、撮影用の減光フィルターが必要になります。
 なお、後出のピンホールの画像は2009年7月22日の皆既日蝕の時の部分日蝕を撮影したもので、こちらはフィルターは必要ありません。


基礎編

2012年5月21日(月)朝 金環日食@国立天文台

2012年金環日食日本委員会
 安全対策についての資料が充実

「金環日食2012」特設サイト@アストロアーツ
 金環最終チェック! 安全に楽しむ「日食観察ガイド」を公開
 PDF形式で、安全に楽しむ方法を無償公開!
 是非、ご一読を!!

今からでも間に合う「金環日食」リンク集@デジカメwatch


安全注意編

望遠鏡や双眼鏡で太陽見るのはすごく危険です
 子どもの頃に虫眼鏡で紙を焼いた経験がおありの方は多いと思いますが、望遠鏡や双眼鏡、カメラの望遠レンズなどを使って太陽を見ると、眼に同じことが起こります。
 日蝕メガネをかけて望遠鏡や双眼鏡を覗くのも、大変危険です。
 「目玉焼き」を作らないように、絶対やらないで下さい!



太陽を見る時に覚えておいてほしいこと

消費者庁「日食観察用グラスの使用についての注意喚起」(製品の確認結果)(PDF)
 デメテル株式会社「日食観賞用グラス」は、観察には不適切とのこと。要注意!
 その他(適当にピックアップ?の20銘柄)の日食メガネについても、調査結果が出ています。
 なお、「星ナビ」6月号、増刊号の付録の日食メガネについては、アストロアーツ社が独自に調査をして、結果を公表しています。

日蝕網膜症について
 拙ブログ記事、再掲。
 日蝕メガネ(減光フィルター)を用いても、長い時間太陽を凝視したり、積算時間が長いと眼を傷めます。
 (この例の方は、飛行機上からの観察だったので、光線透過率が地上よりも格段に多かったということもあるかも知れませんが…。)

日蝕は通学・通勤の時間帯に重なりますが、歩きながらの観察は危険なので絶対やめましょう
 また、観察する場所は車の来ない、安全が確保された場所でやりましょう


ピンホールで楽しもう!

クリックすると元のサイズで表示します


 日蝕グラス(減光フィルター)が入手できなかったら、見るのは諦めなくてはならないでしょうか?
 直接太陽像を見ることは出来ませんが、間接的に、そして安全に観察する(撮影も)する方法があります。
 それは、木漏れ日やピンホールを利用するものです。
 日蝕の時に太陽が欠けている状態で木漏れ日を見ると、欠けた太陽の形をしています。
 同様に、厚紙などに錐などで小さな穴を開けた物(使用済みのプリペイドカードなどでも可)、リッツなどのクラッカーの穴、麦藁帽子の穴の影も、欠けた太陽の形を投影して見ることが出来ます。
 焦点距離1m、太陽像1cmと小さいですが、この時の穴の直径は2mm程度が良さそうですが、色々試してみて下さい。(穴の大きさと像の明るさ、焦点距離…実験の価値アリ!)
 この投影した像を写真に撮れば、間接的に欠けた太陽の形を安全に(安価に)記録することが出来ます。(欠けた太陽を写すには、マクロ=チューリップ・マークにセットして近くに寄り、シャッター半押しでピントを合わせて下さいね。)
 他には手鏡などを使った方法もあります。

ピンホールは色々なもので楽しめます!(イラスト)
図解…【太陽に背を向けて日食と遊ぼう♪】【日食のときだけ見られる「大・中・小」の無数のピンホール現象】【美しく幻想的】…そして安全。 ... on Twitpic

 ピンホール投影について詳しいページをご紹介します。

日食用 針穴投影機


 以下の画像は2009年7月22日の皆既日蝕の時に、「ぱしふぃっくびいなす」船上で私が撮影したものです。
(画像はクリック>表示された画像をもう一度クリック>拡大表示)

クリックすると元のサイズで表示します
クラッカーの穴

クリックすると元のサイズで表示します
帽子の網目

クリックすると元のサイズで表示します
笹の葉



TV番組

金環日蝕関連TV情報


インターネットライブ中継編

Ustream金環日食(インターネットライブ中継サイト集)

国立天文台@Youtube

金環日食 インターネット生中継サイト集


報告編

みんなで日食マップを作ろう

「みんなで木もれ日を撮ろう」キャンペーン@JAXA

日食観察学習連絡会では金環日食観測証明書を発行!
サイトで報告すると、そのまま証明書がダウンロードできる仕組みです。
デザインは3種類。


最後は神頼み。
どうか晴れて、日蝕が見られますように!

クリックすると元のサイズで表示します


 漏れや抜けがあると思います。
 また他にも色々な有益なサイトもありますが…余り多いと混乱するかと思ってバッサリ切りました。
 でも、ここは欠かせないとか、インターネット中継や報告に関しての情報、大歓迎です!!
 情報お待ちしております。m(_ _)m


  

   

   
0
タグ:  日蝕 金環日食



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ