いらっしゃいませ!  ご挨拶(プロフィール)・お知らせ

ブログの新着記事は1つ下からになります。
←左カラムのRecent Posts☆彡から簡単アクセス

ご挨拶
いらっしゃいませ!
自己紹介…のようなものは、上記にて。m(_ _)m

ブログ仕様変更により、各記事や左カラムなどに大きな空白が入っているものや、
リンク切れもあると思いますが、なにとぞご了承くださいませ。

『空のkiroku』 Guest Book
掲示板
TVオンエア情報、速報版、その他…ちょこっとお知らせしたい記事などご紹介しています。

星景写真展《天の光・地の灯》 公式サイト
2015年9月〜2017年10月 全国巡回展 第1弾開催しました!
《天の光・地の灯》掲示板
クリックすると元のサイズで表示します


星空さんぽ no.3
拙画像を多数使って頂きました!
アラスカのオーロラが主ですが、月のハロやハワイで撮影したムーンボウなども…
2014年10月3日発売



河内牧栄「愉快!痛快!アラスカ暮らし〜オーロラ舞う原野のログキャビン生活」
アラスカ在住の知人 河内牧栄(かわうち まきえい)さんの初エッセイ本。移住のきっかけ、現地での生活について、牧栄節炸裂の楽しい本。でも、それを支える強靭な精神力と体力、家族の愛が必要です!
2016年5月10日発売

片岡龍峰「オーロラ!」
最新のオーロラの科学や観測カメラの開発エピソード、オーロラ・ウォッチングに行かれる方へのアドバイスまで、オーロラの不思議やワクワクがギュッ!と詰まった一冊。
2015年10月7日発売

河内牧栄 写真集「オーロラ SKYSCAPE PHOTOBOOK」
オーロラと月や星々、オーロラとアラスカの大自然が織り成す大絶景を楽しむことができます。
2015年2月2日発売

田中雅美写真集 極北の絶景 パノラマ・オーロラ(DVD付き)
全方位撮影の最新技術で撮影されたパノラマ画像を紙面で、映像をDVDに収録した豪華な一冊。
2014年12月1日発売

谷角 靖 写真集「NORTHERN LIGHTS」
北半球各地のオーロラを収めた写真集
2014年9月26日発売

『水滴と氷晶がつくりだす 空の虹色ハンドブック』
【日本初】の大気光象のハンディ図鑑!
2013年7月27日発売

写真集『夜空と星の物語』
読むプラネタリウム写真集
2013年6月20日発売


Recommended

  

Aurora
   

   

  

ALASKA
   

KAGAYA
   

DVD etc…
   

Sky
  

   


東日本大震災復興支援
「集まれ!星たち」キャンペーン〜ひとつひとつは微かでも〜




極北を愛する人の東日本大震災応援プロジェクト
沢山の写真家の極北の美しい写真をダウンロード。
義援金を募りました!(受付終了)
クリックすると元のサイズで表示します


*****

googleのカレンダー機能を使った情報案内。
blog掲載外の情報も記載しています。
TV番組は首都圏版です。
3つ共に重複する内容があります。
いずれもページ右上の「週」を選択すると見やすくなると思います。

*** TV Trivia Calendar ***
アラスカ、オーロラ、北欧、宇宙などの関連TV番組予定表

*** 天文&暦カレンダー ***
天文現象・暦、そして関連TV番組をまとめた予定表

*** 写真展&イヴェント・カレンダー ***

*** お勧めSelections ***
Amazonの機能を使った「My Favorite」ご紹介
1

あの海を想う 増永元 ガラス作品展  写真展・講演会・イヴェント

クリックすると元のサイズで表示します


の海を想う 増永元 ガラス作品展
[ gallery 元町 ] 横浜市中区元町5-216
4月20日(土)〜 4月28日(日)
11:00〜18:00(最終日〜17:00)
会期中、増永さんは毎日在廊予定

ここ数年ゆっくりと創り続けている”海で拾ったモノにまつわる記憶”がテーマの「あの海を想う」シリーズを中心に、生き物たちが活き活きと暮らす光景を内包した小さなガラス造形作品やトンボ玉たちを展示します。




余りに記憶が鮮明なため、もう5年も前になるの?…と、前回横浜の個展にお伺いした時の写真を見返して驚いたのですが、2014年8月に同ギャラリーで開催された展示をたまたま知ってお伺いして、その世界に大変魅了されました。
今回、待ちに待った新作のご披露!また新たなる世界を体験・拝見出来ることをとても楽しみに思っています。(でも、痛みが酷くて歩くのが難儀で、本当に本当に残念なのですが伺えないかも…。(´;ω;`)ウゥゥ)



永さん…ガラス作家になられる前は、ウミヘビの研究者だったという異色の経歴の持ち主でいらっしゃいます。(゚д゚)
その手から紡ぎ生み出されるガラスの中に綴じ込められた小宇宙には、海洋生物やヤンバルの森の奥に潜むキノコや小さな生物などが生き生きと再現されて、ガラスであることを忘れてしまいそうになります。海洋生物や水辺の風景、しっとりと湿度が高そうな森に棲息する生き物たちは、ガラスの世界と大変マッチしていると思います。

写真の腕前も大変素晴らしく、イラストも描かれます。ガラス、写真、イラスト…どれをとっても自然に対する観察眼と知識と経験の裏付け、そして温かさがたっぷりと詰まっていて、心穏やかな気持ちに包まれます。対象物がちょっと怖いハブでも、とぉ〜っても可愛らしく思えるのが不思議。
作家の増永さんも、ほんわかした空気を纏った笑顔が素敵な方です。


2014年個展の作品からいくつかと作者近影、私の撮影したものからご紹介します。
ほんの少しでも雰囲気が伝わると良いのですが…。

クリックすると元のサイズで表示します

2014.8.8 Biosphere of Glass
−増永元 作品展−
展示作品と増永さん


ャラリーはJR根岸線(京浜東北線)の石川町駅から徒歩5分程度、元町商店街の入口にあります。決して広いとは言えないフロアですが、その場に居合わせたお客様の声も聞こえて来たりで、ほっこりした時間を過ごせると思います。
前回は大ぶりな(とは言え、手のひらにちょこんと乗る大きさ)トンボ玉が主でしたが、今回はトンボ玉ではないガラス造形作品がメインになるとのこと。
そして、作品展示の舞台装置(本当にそう呼ぶのが相応しい)も手作りされていて、完全主義者・凝り性・こだわりの方でもいらっしゃるのですが、その世界観もまた良いのです!!トータルな世界にウットリ…。

会期は日曜日まで。週末は大変混雑が予想されますが、期間中に横浜にお越しのご予定がおありでしたら、いかがでしょうか?お勧めいたします!!(激お勧め!)展示品の撮影もSNSへの投稿も大歓迎とのこと。






www.instagram.com

公式サイトもぜひぜひ!
masunagagen.work



ラスも好きっ!💓
地球と火のコラボで、作り手によって昇華され、光がまたその美しさをより一層際立たせて、愛おしさも感じます。
色々したためたいけれど、問わず語りは長くなるので、また別の機会に。

瑠璃も玻璃も照らせば光る』と申しますが、私には無縁で…。
元々素養や技量がない、その上、頑張って磨こうともしていないのだから、光るはずもなく…。(;一_一)


増永さんの作品・ご本人にお会いしたい!
なんとか伺えると良いのだけれど…動けるのか!?( ;∀;)

0

アンカレジ近くでM7  アラスカ

クリックすると元のサイズで表示します

 M 7.0 - 13km N of Anchorage, Alaska
 2018-11-30 17:29:28 (UTC) 61.340°N 149.937°W 40.9 km depth

 
 Tsunami Warning!! (Cancelled)
 https://www.tsunami.gov/

 日本時間12月1日(土)午前2:29頃
 アンカレジの近く(ダウンタウンから北に約13km)でM7.0の地震発生!
 内陸部ですが海岸近くが震源で、津波警報発令!(解除)

 クック湾・ターナゲン湾で津波って、1964年と同じようになったら大変!((((;゚Д゚))))
 (津波警報は解除、大きなものは観測されず。ホッ…)


 
 そんな訳で、アンカレジ市内でもかなり揺れたそうです。
 アンカレジのダウンタウンでも(地盤にもよると思われますが)6弱くらいを記録…の模様。
 キーナイあたりでも震度5くらいを感じたとのこと。詳しく調べて見たら、震源から距離は離れているのですが、地盤のせいかキーナイあたりは周辺よりも揺れが大きかったようです。

 ダウンタウンで停電が発生している地域アリとの情報。
 あちこちで道路が陥没して、大渋滞も発生。




 現在までに亡くなられた方はいらっしゃらないとのこと。
 アラスカ在住友人・知人たちのほとんどと連絡が取れて、皆さんご無事で良かったです。
 全米一、耐震基準が厳しい州なので、ビルや家の窓ガラスが割れたという情報は沢山ありますが、建物の大規模な損壊などは多くはないようでホッとしています。
 大きな被害がないことを祈るばかり。


クリックすると元のサイズで表示します


 今回の震源地付近の画像です。
 2004年のアラスカ里帰りの時、アンカレジ→フェアバンクスの機上からたまたま撮影したスナップに震源地付近が写っていました。(-_-;)
 アンカレジ空港を飛び立ってほどなく、機体左側にはMt. Susitna(スシトナ山)が見えます。頭を左にした美女の寝姿に見えることから、『Sleeping beauty』(眠れる美女)と名づけられ、親しまれています。(アンカレジ市内中心部からも良く見えます)
 機体直下に見える農場あたりが震源地だったようで…アラスカでは珍しいことではありませんが、人里離れたあたりに結構広々と存在しているこの農場を今回地図で調べてみたら、刑務所とその併設農場らしいと判明。画像のように震源地付近に大きな町はなく…不幸中の幸いだったでしょうか?
 それでも、入り江を隔てればすぐアンカレジの街です。



 アンカレジから北へ25〜30kmほどのイーグルリバーにいらした方のブログ記事を見つけました。
 アンカレジ市内から北へ行く道路は大渋滞でしたが、市内に入る道路はスカスカで(下のLemomn Slayerさんの画像1枚目を参照)、空港も閉鎖にならずにフライトも次便スタンバイで搭乗できて、無事ホーマーにお戻りになれて良かったです。

Anchorage地震 アラスカ/ホーマー特派員ブログ 裕子



 アンカレジ在住の友人一家からまだメイルの返事が来ないのです。時期的にフィールドに出ているだけかも知れませんが。沈黙の72時間』セオリー(※)もあるのでメイルを出すのも躊躇したのですが、「返事は落ち着いたらで良いから!」とメイルを出してしまいました。やはり無事と被害状況が気になってしまって…ダメですね。(´・ω・`)

 まずはご自分の身の安全確保を第一に!!
 アラスカの皆様のご無事とご安全をお祈りしています!

 発災当日は情報収集などでこちらには書き込めませんでした。m(_ _)m


沈黙の72時間
 元空自パイロットの方から伺った「大きな災害の発災後72時間(3日間)は、通信(電話やメイルなど)は、被災地で重大な連絡が必要な人・部署の間のトラフィックを確保することを最優先させる。そのために外部はグッと我慢して安否確認などの連絡を取らないようにする」…というものです。
 72時間というのは、災害時の『72時間の壁』(生存率)で言われることで、人命救助・生命維持の観点からの時間だと思います。



縦長画像のため、画像が切れて表示されています。
クリックするとオリジナルが閲覧できます。
ベッドの上にシェルフが倒れていて…家具の固定は重要ですね!
でもこのシェルフ、どこから倒れてきたのでしょう?(?_?)



 何人かいるアンカレジ在住の友人・知人のうち最後まで連絡が取れなかった友人家族からは、5日後に同報メイルが届きました。
 案の定、世界中の友人などから電話とメイルが殺到したそうです。(;^ω^)
 アンカレジ市内ではありますが離れて暮らすご家族の皆さんご無事で、家も深刻なダメージはなかったとのことで、ホッとしました。

 自宅は停電もなかったようですが、それでも食器棚が倒れて食器が床に散乱したり、家のパイプ(水道管?)が外れたりで、家の中はシッチャカメッチャカになったため、ずっと片づけに追われていて…その間にひっきりなしに電話がかかってきて、その対応にかなり疲弊したようでした。
 そして、ようやく家の中や自宅内オフィスの片づけがあらかた終わって、やっとパソコンの電源を入れてみたら、今度はメイルの山…。

 多くの方が心配して下さるのは有難いでしょうけれど、その度に同じことを聞かれて答えて…は、数が多くなれば負担ですし、電話がかかってきては片付けもままなりませんね。
 
 東日本大震災の際、東北の報道関連勤務の友人とも一週間ほど連絡が取れませんでした。
 第一線で取材する立場という訳ではないのですが、やはり『沈黙の72時間』を遵守したそうで、業界内では広く知られたもののようでした。


 アンカレジの友人からのメイルは「あちこちで道路がダメージを受けたので、アンカレジ市内は巨大なトラック(メガトラックというタイヤが巨大なダンプ!メチャ大きくて重い…)がひっきりなしに走っていて、家が始終揺れているよ。余震(この時点で既に2千回を超えていた)の揺れは本当にイヤだけれど、復旧のハミング(揺れ)は頼もしいね!」と締めくくられていました。

 工事関係者は24時間フル稼働だったそうで、かなりの被害があった幹線道路もあっという間に復旧!その復旧方法も日本の工事方法などから見たら「え〜っ!?こんな簡便な方法で?」ということになってしまうと思うのですが、そこは『Alaskan Way』で。('ω')ノ
 下のツイッターの画像は、地震発生直後とたった4日後の同じ場所で、何事もなかったかのように綺麗になっています。道路が大きなダメージを受けたのは、概ね永久凍土の関係で地盤が緩い場所で、その部分をまた埋め戻して復旧という方法が取られている所が多いようです。




   
0

TV:「情熱大陸」 大平貴之氏  TVラジオ番組情報

 大平さんまだ『情熱大陸』ご出演されていなかったのね!?
 満を持しての登場は、今夜23時から。

 TV:『情熱大陸』
 大平貴之:プラネタリウム・クリエーター

 12月2日(日) 23:00〜23:30
 TBS系
プラネタリウム・クリエイター/大平貴之
▽「どうやったら見る人を驚かせられるか?」
誰も見たことがない星空を生み出す革命児が挑む!
前代未聞のプロジェクトとは!?


   


0


クリックすると元のサイズで表示します


 真っ赤!

 出先から駅への道すがら、公園のサクラの葉が真っ赤。

 春には美しい花、夏には眩しい青葉と木陰、そして秋には紅葉と、一年で何度も長く楽しませてくれます。

 「ありがとう!」

 毎秋美しく色づいて落ちた葉に、そんな言葉をかけてしまふ…

 いや、想い返せば、春にも夏にも…だった。(V)o¥o(V)

 どこでもこんな風にウロウロして、単純に歩けばものの5分のところ、なかなかたどり着けないのは良くあること。


 綺麗に並んだ葉ですが、風のいたずら?
 動かしてはいないのですが。


 ああ、のんびりと紅葉狩りにでも行きたいものですねぇ…。( ;∀;)


   
0
タグ: 画像 写真 紅葉




AutoPage最新お知らせ