空のkiroku 雑記帳

by 日蝕貧乏知恵者猫

 

★Welcome★

この前、空を見上げたのはいつですか?
空のkirokuの補完的役割を担う当ブログ。雲・虹・夕焼け・大気光象(ハロ等)・オーロラなど天空の表情は別館に、ブログ空の絵日記(2005.11-)、空のkiroku@blog(2004-2005)にも掲載しています。
雲、虹、太陽や月、星、そしてそこにうつろう色彩や現れる様々な現象、オーロラなどなど…空を眺めるのが大好きっ!♪
ホッ!と一息、あなたも空を見上げてみませんか?

アラスカ・ぴーぷる


オーロラ


空の写真



from 空のkiroku 雑記帳2

from 星が好きな人の…

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:日蝕貧乏知恵者猫
 アエラのバックナンバーを探しに、図書館に行ってみました。
 誰かが読んでいたのか、該当号は見当たらず…。

http://sky.ap.teacup.com/lummox/
投稿者:日蝕貧乏知恵者猫
 少し訂正。

> やはり、ここも「吸い込んでも体外に排出されるから、大丈夫」と簡単に考えているとしか思えません。

 そうではないから恐い!!


http://sky.ap.teacup.com/lummox/
投稿者:日蝕貧乏知恵者猫
 アエラのご紹介をありがとうございました。
 新聞の広告記事も見逃したようで、ちっとも知りませんでした。
 まだ入手できるでしょうか…。

 下の発言中のリンク先でもしたためたように、農薬などの有機リン(だけではないけれど)汚染は、その場だけでなく大気循環などによって地球規模で汚染を広げていきます。

 もっと広く知ってもらいたいですね。


http://sky.ap.teacup.com/lummox/
投稿者:日蝕貧乏知恵者猫
★こうぞうさん

 巷では、中国野菜の残留農薬濃度のことが良く取り上げられます。
 それで、中国産野菜は生も冷凍もなるべく買わないようにしている…という生活者が多いような気がします。
 もしかしたら、日本国内の生産事情に目を向けないように、上手い具合に隠れ蓑にされているのではないかとすら思えるほど。

 生産工程中の農薬だけでなく、ポスト・ハーベストを施されている農産物も、きっと予想以上に多いような気がしています。
 ましてや、形など見た目に必要以上とも言えるほどこだわる日本人ですから、国内産も薬を多量に使っているのでしょうね。

 色々言われている中国産野菜も、中国国内向けのものには農薬はそんなに使わないと聞きました。
 農薬が高価であるとか、日本人ほど見た目にこだわらないという要因も大きいと思いますが…。

 お米は、カメムシによる食害が収量の0.1%増えると、等級が1ランク下がる…らしいですね。
 生産者にとってはランクが下がれば大きな痛手ですから、号令が出るくらいの事態になるのでしょう。
 本当に恐いことです。

 単純に考えても、虫だって生物です。
 それらが死に至る薬なのに、どうして人間は大丈夫だと考えるのでしょう?
 量の多少があるからと、甘く考えているだけでしょうけれど、散布している量は半端ではないと思えます。
 そして、チリも積もれば…で、人間の生体内にも溜まっていくということを理解してもらいたいものです。
 やはり、ここも「吸い込んでも体外に排出されるから、大丈夫」と簡単に考えているとしか思えません。
 
 その上で、農薬の問題は国内だけの問題ではないということも、理解しなくてはいけませんよね。

 下記の発言で述べたように、中緯度で使用された様々な化学物質は、巡り巡って高緯度地域、ひいては地球全体の環境をも破壊しています。
http://sky.ap.teacup.com/lummox/85.html

 もちろん、環境だけでなく人間を含む全ての生物も…。
 地球という星全体のことを視野に入れて物事を考えなければならない時代は、既に到来しているのに。


http://sky.ap.teacup.com/lummox/
投稿者:こうぞう
アエラの2006年2月13日号に有機リン農薬の多量使用国に自殺者が多いという記事が載っています。
日本の例として秋田県が載っています。
この記事は、間違いなく正しいと思います。
世界一の農薬使用国日本は、鬱病や、引きこもり、自殺者が蔓延しています。
戦前の農薬のない日本に、こんなにいたでしょうか。
農薬農民の子孫は大丈夫でしょうか。
投稿者:こうぞう
本当にご返事ありがとうございます。
私に嘘をつくなと言った県の課は農業振興課であります。
農薬を進める課であり、農薬被害を受けつけるかでもあるのです。
平成16年水田にカメムシが大量に発生したとき各県の農業課が何回も農薬散布の号令を発しました。
その時期に会わせるかのように水田の道路で正面衝突が多発しました。
おそらく有機リン農薬は成分はサリンと同じですから、知らぬ間に脳の酸素を奪われ、脳が認識できなかったせいだと思われます。
更に、米所といわれる地帯では多くのカラスやムクドリが大量死しています。勿論、原因は有機リン農薬です。
相馬では、林野庁が松食い虫対策で有機リン農薬を空中散布しました。しかしながら、多くの蟹が大量死しています。林野庁も農林水産省も厚生労働省も本当に有機リン農薬が大好きです。
何かといえばすぐに有機リン農薬を撒きます。
日本は世界一の農薬使用国家です。
どこへいっていもサリンだらけの国です。
米所といわれる水田や林、海水浴場は、5月から8月上旬まで近かないほうがいいと思います。
ゴルフ場や果樹園はほぼ一年中サリンが放出しています。逃げた方がいいと思います。
投稿者:日蝕貧乏知恵者猫
続きです。

 化学傷害は疾病である。
 
 行政が認めるのは、そうそう容易なことではないと、悲観的ではあります。
 早くからその存在が言われているアメリカでさえ、揉めているようですし…。
 多くの企業を敵に回し、全ての人の生活を根本から見直さなければならない訳ですから、非常に難しいことだと思います。
 
 患者達は日々の暮らしに精一杯。
 生存そのものが、剣が峰の毎日と言えるのではないでしょうか。
 ですから、なかなか横のつながりを持ったり、声を挙げていくのも難しいとは思うのですが、力を振り絞ってでも声を挙げて、大きな力を生む必要があるのかも知れません。

 しかしながら、患者にとって原因物質は多岐に渡る上に、個々人で反応するしないの差異も大きく、症状も様々というのも厄介です。
 集団ヒステリーとしか受け取られないのかも…という恐れはあるのですけれども。


http://www.bekkoame.ne.jp/i/lummox
投稿者:日蝕貧乏知恵者猫
★こうぞうさん

 コメントありがとうございます。

 『嘘をつくな』
 全く心無い言葉だと思います。
 けれども、このような類の言葉を、ご近所の人間関係の中やや行政からも突きつけられることがありますし、医療従事者にすら履き捨てられるように言われることもありますね。

 化学傷害の状況は、何でもない人にとっては思いも及ばない、信じられない状態・状況だと思います。
 しかし、罹ってからでは遅すぎる。
 この状況に陥る人は少ない方が良いのは当たり前なのですが、それにしては分かってもらうのがなんと大変なことか。
 化学傷害が元での離婚があるというのも(イヤなことですが)頷けてしまいます。
 
 ゴルフ場はグリーンを綺麗に保つために薬を大量使用するような印象があり、地下水汚染の問題も言われています。
 一般の住宅地に、基準の3倍近い大量の薬を撒く必要性はあるのでしょうか?
 散布作業をする人たちへの健康被害も気になります。
 鎌やチェンソーなどで地道に刈るという方法は、労力の面では大変ですが、その上に費用の面でもペイできないのでしょうか?
 例えば空き地に雑草が生えていると、ゴミの不法投棄や放火の温床になりかねないなどの問題があるかとは思うのですが、易きに流れて、後々そして長期的に泣きを見ることは何なのか、行政にももっと考えて頂きたいと思います。

 農薬や除草剤を始めとする有機リン被害者は、おそらくかなりの数に及ぶのではないでしょうか?
 有機リンは、家庭で簡単に扱える…例えばエアコンの洗浄スプレーなどにも使われていますね。
 以前よりは少なくなったかも知れませんが、除草剤を学校、公共施設、マンションや住宅街などで知らずに散布されて…というパターンも多いと聞きます。

 下記にコメントを下さったなおさんは、疎開された先で農薬の一斉散布に遭遇されて、逃げるように戻られたということを日記に書いていらっしゃいました。
 都会で様々な有害物質に晒されて、それらを避けるために疎開しても、農村ではまだ自家焼却炉が残っていたり、野焼き、薬の散布などで、転地療養どころではない場所も多いとか。


http://www.bekkoame.ne.jp/i/lummox
投稿者:こうぞう
私も化学物質過敏症です。
住宅地にゴルフ場と同じ農薬をポンプ車で散布されました。
唯一農薬を調査する県の農業振興課は、「情報公開」という言葉を言って初めて動きました。
スミチオンの年間使用回数基準が年6回のところ16回も散布されました。
県は使用回数を基準を一切教えてくれませんでした。
更に、症状を説明すると嘘をつくなと言われました。
隣家が農薬を黙って散布し、暴露すると頭をしめつけられ、水みたいな下痢をし、床に転がり3〜4時間じっとしています。
ちょっとでも体を動かすと関節から激痛が走ります。
有機リン農薬はまちがいなくサリンという神経ガスです。
世界一の農薬米を作るこの国には、農薬被害者は皆無です。
水田では多くのカラスやムクドリが有機リン農薬中毒で死んでいます。
この農薬を守っているのが厚生労働省、農林水産省です。
特に厚生労働省は酷いと思います。
石綿、薬害エイズ等化学物質を守っています。
故に化学物質過敏症は認めません。
天下り禁止にすべきです。
投稿者:日蝕貧乏知恵者猫
★なおさん

 続きです。

 『CSは誰でも罹る』
 『罹ってから慌てても遅い』

 それは、現状では患者になってからでないと分からないものなのかも知れません。
 それではマズいのですが…。

 ところが、厚生労働省はまだ疾病として認めていませんし、通称『化学物質過敏症』の言葉からも分かるように、資本主義経済の様々な利害関係が絡み合っていて、
この病はなるべく表に出ないように恣意的に操作されているように思うのです。

 『過敏症』という言葉は、例えば原因物質になり得る物を生産・供給・流通させている企業側にとっては、非常に便利な言葉ではないでしょうか?
 全て患者側の身体の問題に摩り替えることができるのですから。
 
 なおさんがおっしゃる『化学アレルギー』も、とっつきやすい言葉ではあるのですが、"アレルギー"だと同様に体質の問題だと捉えられてしまうそうなので、注意が必要ではないかと思いました。
 刃を向けているのは、原因物質の方なのですから。

 先日、厚生労働省は平成18年度診療報酬改定について"禁煙治療に保険を適用"の件も含めたパブリック・コメントを募集していました。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2006/01/s0118-6.html

 ところが、JTは禁煙治療に関して、真っ向から否定する文書をサイトに掲げています。

『喫煙すること自体が病気であるという考え方は誤りであると考えます』
http://www.jti.co.jp/JTI/attention/20060123.html

 一事が万事でこれですから、現代のカナリア達は酸欠で滅びてしまいます〜!(T_T)

 今度の土曜には立春。
 陽射しも春めいて来ましたが、暖かくなると色々揮発するようになるので、身体も大変ではないかと思います。
 どうかお大事に。

http://www.bekkoame.ne.jp/i/lummox
1|2

★e.t.c...★

Categoryでは大雑把な分類にしかなっていませんし、いくつものカテゴリーに関連する記事も、1つにしか登録出来ません。
上のSearchに任意の単語を入れて検索すると、その語句が含まれた記事が表示されますので、ご利用下さい。m(_ _)m
(「このblogを検索」をチェックし忘れないように!)

下記のような語句に関連する記事を書いていて、これらはタグ・クラウドになっていたのですが、サーヴィスが終了してしまったので、タグだけ並べておきます。(T_T)

***
ANWR、CD・DVD、image(画像付き)、TB企画、TV番組情報、彗星、つれづれ、アラスカ、アート、イヴェント、オーロラ、フィンランド、マスメディア、マンホール、九州、京都・彦根、円グラフ、写真展、北欧、南極、大気光象、太陽、宇宙、岡山、携帯カメラ、散歩、旅、旅便り、日蝕、星、星野道夫、映画、書籍、月、朝夕景色、植物、極北、熊本、猫、環境、生き物、空、自然、花火、虹、言の葉、足利、雷
***

* TV Trivia Calendar *
* 鉄道関係TV番組 *
* Photo & Event *
* 天文&暦 *
* Alaska Holiday *
* Alaska Event *
* Aurora Tips *
* お勧めSelections *

★Calendar★

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

★Message Box★

★nya!★


* yokohama *

* fairbanks *

★Counter★

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ