合衆国の片隅で 旧館

アメリカ中西部で暮らしています。2頭のコリー(クッキー、Hope)の他、迷い犬や里親待ち犬の保護ボランティアに参加し、犬まみれの日々。バレエのレッスンピアニストを目指して奮闘中。

 

2006年2月15日、容量限界のため 新館 へ引っ越しました。
旧館も引き続き営業中♪


管理人【TAMA】のプロフィール:ピアノ歴数十年、自動車運転歴二十年、バイク歴凍結中、バレエ歴十数年、保存食・お菓子作り歴十数年、子育て歴十数年、ネット歴十数年。そしていつまでも孵らない日本語教師のタマゴ。好きな作家は村上春樹・林望・島田ゆか・今市子。音楽はショパンとチャイコフスキーとアンドリュー・ロイド・ウェバー。運動はキライです。
ニンゲンの家族は自転車マニア歴30年のオット、フレッシュマン(9年生)の娘1号ブー、8年生・水泳娘のフー、そして6年生の息子ウー(別名「れ」)の計5人。


目次(月別タイトル一覧)のページはコチラから  

   
 
各ページからトップページへ戻るにはタイトルの「合衆国の片隅で」をクリックしてください。     

お知らせ♪


人気ブログランキング
↓↓↓↓↓

1日1回どらどら♪してくださるとうれしいです。


メールこちらから
近頃サーバーの不調で(?)メールの不達があるようです。もし私にメールを下さったのに返事がない方がいらっしゃったらコメントでお知らせ頂けると幸いです。

当ブログの注意事項はコチラにあります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

拍手ランキング

1位 ベーコンの作り方
1拍手
6/12〜6/19までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
★Penguinさん、
まあ、日本も変わらない部分もあるんですが、他の国のこと、あまりにも知らなさすぎて、考えもしないで「アメリカが一番」って思っている人は多いですよね。
大人でも中国と日本の区別がつかない人はたくさんいるし、TOYOTAがアメリカの会社だと思っていたり。
もしもそういう人がアジアからの養子を取ったとしたら、それは「アメリカに来させてあげた」と思いこむのではないかと、たぶんそれが私の感じた違和感だったのだと思います。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:Penguin
TAMAさん、

あ、私もそれは常々思います。アメリカは世界一すごいんだぞ、という姿勢はよく見受けられます。でも、隣のカナダに行ったら「国の医療保険もない、あんないい加減な国」と一蹴されそうです。アメリカ人はカナダのことをすぐ見下すような事を言いますから、どっちもどっちと言われるかもしれないですが・・・。

アメリカは素晴らしい、世界一だ、という一番の問題は、そう思う人々は「何が問題なのか」「これから何を良くしていかなくてはならないか」等々考えることをしなくなるからではないか、と思います。なんで良い国だと思うのか、良い国の中には問題はないのか(そこら中にありますね)、とそういう初歩的なところですら「考えない」国民の多さがきになるんですが、ここまで書いて、これは完全に私見です。
投稿者:TAMA
★Penguinさん、
そういうドキュメンタリーがあったんですね。興味深いですね。

あれからまたいろいろ考えたのですが、養子というissueではなしに、「アメリカ」という国について私はもしかしたら引っかかっているのかもしれません。

というのは、どうも「アメリカが世界一良い国で世界中の人はアメリカに住みたがっている」と思っているんじゃないかと思うようなアメリカ人を目にすることがあるからなんですが…。

かつて通っていたESLの教師が「クリスマスカードっていうのは自慢するためのものじゃないんだから、国の友人へのカードに「自分はアメリカに住んでいてラッキーでクールだ」とか「あなたはアメリカに来れなくて可哀想」とかそういうことは書かないように」なんて言ったことがあって呆れたんですが、どうも彼女以外にもそういう考え方を感じることがあるんです。

アジアから移民や養子を受け入れることをそういう視点で見てしまうアメリカ人もいるように私には思えてしまうのです。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:Penguin
TAMAさん、

確かにどこからやってきた子(人)であれ、生みの親はどこにいるんだろう、誰なんだろう、というのは気になる事だろうと思います。

3大ネットワークのうちの1つが、2-3年ほど前に、韓国からやってきた養子(アメリカでは白人の家族)が、15歳くらいにして韓国の親御さんに会いにいく、というドキュメンタリーがありました。アメリカ人となったその少年曰く、物心付いた時から、毎日「生んでくれたお母さんのことを毎日考えていた」とのこと。多分、通常は18になるまで生みの親の情報は伏せられている(んじゃないでしょうか、間違っていたらごめんなさい)らしいですが、このケースではアメリカの父母も賛成し、韓国へ行く事に。

生みの親、というかご家族と対面し、なんとこの少年の上下に一人ずつ男の子がいる家庭だと分かります。一番少年が気になっていた「どうして養子に出されたの」という質問については、上の子が生まれて、ご夫婦ともに働いてやりくりしていたが、この少年ができたときに、ご主人が現場の事故か何かで働くことができなくなり、現実的に育てられなかった、そのために養子に出した。その後、家計が立ち直ってから3番目とのある子供ができた、というのが話の流れでした。

これは、最初のコメントに書いた養子を4人持つ知人家庭でも興味を持って見たらしく、直後に「どう思った?」と聞かれました。私自身は、この子のケースに関しては理解できる理由、背景があり、少年も「どうして」という部分で納得ができた(ように見えます)だろうけれど、必ずしも全部の養子のケースに子供が納得できる理由があるとも限らないので、場合によっては複雑なのではないか、と。彼女も大体同じようなことを思ったらしいです。
投稿者:TAMA
★darariさん、
うひょ〜、「亀」!強烈です。でもなんかそういう話は私も聞いたことがあります。
下の方のコメントにはちょっと書いたのですが、実は私が一番ショックだったのは、「この子は日本のキョウトから来たのよ」って言われたときなんです。
ああ、日本からもこうして養子に出されて来る子どもがいるんだ…と思ったことがたぶん引っかかっていて、今回のドラマに反応してしまったのだと思います。


http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:TAMA
★リジィ子さん、
そうかぁ〜そうかぁぁぁぁ。納得してしまいました。おっしゃること、全面的に賛成です。
しかし、「体たらくに人生を無駄遣い」ってとっても私を表しているような気がして耳が痛い…。


http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:TAMA
★choseiさん、
ええと、記事中にも書いたつもりですが、里親という制度に疑問を唱えているわけでも彼らに問題があるのではと言っているわけでもないのです。私の周りにももちろんそうしてアダプトされて幸せにしている人たちもたくさんいますから。


http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:darari
私の同僚(白人)の「姪」も中国からのアダプトで、写真がデス
クに置いてあったのを見て「およっ」と思った事があります。Sex
and the Cityでもそういうシーンがありますね・・・

ラッキーかどうか、ですけどアメリカへ留学した中国人、母国へ
戻って就職する人たちをアメリカで就職できなかった負け組とし
て「亀」って呼ぶのですって。だから米国に住める=勝ち組=
ラッキー、という図式は中国人側からしてもあるのかもしれませ
ん。中国人の友人も、アメリカで稼いで両親を中国から連れてき
たい、母国は大気汚染がひどいから、などとよく言っています
し・・・。どちらの話にしても日本人である自分にはちょっと判
らないな、と思ったのでした。

http://daradalla.exblog.jp
投稿者:TAMA
★ういんちるさん、
うーん、いろんな考え方があるんだねえ。私はどっちがより可哀想かはわからないけれど、やっぱり家族の選択と駐在して来る場合とは違うんだろうね。
自分の意志で来た自分でさえやっぱりいろいろ思うところはあるから知らないうちだったら…と私は想像してしまったのだけど、どっちにしてもたくましく生きていくしかないという意味ではリジィ子さんもおっしゃっているけど、みんな同じ土俵の上、と言う気がしますね。


http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:lizzyco
養子縁組に出されたお子さんは、その多くが自分の本当の親を捜
したいと思う時期があるみたいですよ。で、本当に捜す人もいる
し、そうでない人もいます。でも、それがアイデンティティを揺
るがす事になった人は見た事が、私はないのでした。はい。
きっと、感傷的になって(自分が遠い国で生まれてアメリカなん
ぞに送られて来たという事実に)、悲しくなる人も絶対にいると
思います。それは否めないなぁ〜。でも、その分、「生きてい
る」と言う事を実感して、頑張る人も多いのも確かです。

それは、普通に普通の親から生まれても、私のように体たらくに
人生の無駄遣いをして来た人間もいるのと一緒なような。どうい
う環境に生まれて、育ったとしても、きちんとする人はするし、
しない人はしない・・・という事と似ているように感じます。
上手く言えないんですけど、「生きている」という時点で、全く
同じ土俵におるんやなぁ、みたいな。

ううーん、でも、TAMAさん、すっごく哲学しているなぁ、と感
心します。私は、あんまり深く考えた事なかったな。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ