合衆国の片隅で 旧館

アメリカ中西部で暮らしています。2頭のコリー(クッキー、Hope)の他、迷い犬や里親待ち犬の保護ボランティアに参加し、犬まみれの日々。バレエのレッスンピアニストを目指して奮闘中。

 

2006年2月15日、容量限界のため 新館 へ引っ越しました。
旧館も引き続き営業中♪


管理人【TAMA】のプロフィール:ピアノ歴数十年、自動車運転歴二十年、バイク歴凍結中、バレエ歴十数年、保存食・お菓子作り歴十数年、子育て歴十数年、ネット歴十数年。そしていつまでも孵らない日本語教師のタマゴ。好きな作家は村上春樹・林望・島田ゆか・今市子。音楽はショパンとチャイコフスキーとアンドリュー・ロイド・ウェバー。運動はキライです。
ニンゲンの家族は自転車マニア歴30年のオット、フレッシュマン(9年生)の娘1号ブー、8年生・水泳娘のフー、そして6年生の息子ウー(別名「れ」)の計5人。


目次(月別タイトル一覧)のページはコチラから  

   
 
各ページからトップページへ戻るにはタイトルの「合衆国の片隅で」をクリックしてください。     

お知らせ♪


人気ブログランキング
↓↓↓↓↓

1日1回どらどら♪してくださるとうれしいです。


メールこちらから
近頃サーバーの不調で(?)メールの不達があるようです。もし私にメールを下さったのに返事がない方がいらっしゃったらコメントでお知らせ頂けると幸いです。

当ブログの注意事項はコチラにあります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

拍手ランキング

1位 ベーコンの作り方
1拍手
6/12〜6/19までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
★ういんちるさん、
考えてみるとキング牧師だって暗殺されなかったら最近まで生きていたのかも。
デトロイトのフォード博物館、知らなかった。行ってみなくちゃ。
アメリカの歴史ってそういう一つ一つのエピソードを大切にすると思わない?「18○○年に誰々が何々を唱えた」っていう丸覚えじゃなくて。歴史が浅い分、自分たちの短い歴史をものすごく濃く学習してるし大切にしてる。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:TAMA
★たいゆうさん、
やっぱり「ロサ」ではなく「ローザ」と表記されていたんでしょうか?私の記事もローザにすべきだったかな。
彼女、アメリカではcivil rights icon (市民の権利=民権運動 の象徴)と言われるほどの人だったようです。歴史を知るときに、概要だけでなく、そういうエピソードから盛り込んでいくと興味も出るし忘れないですよね。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:ういんちる
私もまだ彼女が存命していたなんて、知らなかった。
「昔」の人だと思っていた。
そういえば、デトロイトのフォード博物館では、そのバスが展示されていて、どこに彼女が座っていたのか、そしてどんな事件だったのか、実際にバスに座って背景を知ることが出来るんだよね。


http://windchill.exblog.jp/
投稿者:たいゆう
ロサ・パークスさんの死亡記事、日本の地方紙でも記事になっていました。隅っこの小さい記事でしたが「キング牧師の運動のきっかけになった」と云うようなことが書かれてありました。でもTAMAさんの、この記事がなければ全く気がつかない新聞記事だったかも知れません。
投稿者:TAMA
★原麻めぐみさん、
私もニュースサイトのトップで写真を見ても全然ピンと来なかったんです。でも名前に聞き覚えがあるような気がして記事を読んでびっくり。
うちの最年長バレエ教師とほぼ同じ年齢だわ〜。そういえば彼女もバレエ界では「歴史」とも「神話」とも言えるジョージ・バランシンと一緒に踊っていた人なのよ。
まだまだ歩く「歴史」がたくさんいるということですね。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:原麻めぐみ
そうだったんですかあ、事件は有名なので知っていましたが、名前までは覚えていませんでした。
ご存命だったとはビックリです。
本当に素晴らしい勇気と行動力ですよね…良い話を思い出させてくれて、ありがとう、TAMAさん。

http://megumi.velvet.jp/
投稿者:TAMA
★フィジカルプランナー社長さん、
はじめまして。ようこそいらっしゃいました。ういんちるさんのところでときどきコメント拝見してます。

「間違っている」とこんなに当たり前に思えるのは現代から振り返るからであって、当時の白人たちにはその差別の状態こそが「当たり前」だったんですよね。

>>周囲の人間はもちろんのこと
到底敵わないような大きな相手にも
向かえることができるということなんですね。

おっしゃること、その通りだと思います。
ただ、彼らの場合文字通り命がけの怒りだったのだと思うし、それほどの突き動かされるものがあれだけの人数にあったからこそ大きな力になったのでしょう。

そして、結局はボイコットによって経済的損害を被ったバス会社が負けた、ということであって、彼らが自発的に非を認めたわけではない、というところが一つのポイントかと思います。

大きな力に立ち向かうのは本当に大変なことです。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:TAMA
★たいゆうさん、
私もESLでキング牧師の日についての授業を受けるまで全く知りませんでした。アメリカ人が日本の歴史を知らないように、日本人もアメリカの歴史をそこまで深く勉強はしないですものね。

スカーレットのお莫迦さは彼女の行動に表れていますよね。でもそれが人間なのだと思います。「バカすぎて感情移入できない」のもまたフーの若気の至り(笑)。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:TAMA
★sushiさん、
1年間以上も、バスをボイコットして毎日何マイルも歩いたという事実が怒りの大きさを感じさせます。
人種問題は解決されたとはまだ言い難いですが、彼らの勇気と行動、無駄にしてはいけないですよね。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:フィジカルプランナー社長
どんなに間違えていることであっても
社会でまかり通っていて、全人が当たり前だと思っていることを覆すことほど困難であり、勇気があることってありませんよね。
裏を返せば、強い信念さえ持っていれば
周囲の人間はもちろんのこと
到底敵わないような大きな相手にも
向かえることができるということなんですね。
有意義なお話ありがとうございました。

http://blog.livedoor.jp/hidez925/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ