合衆国の片隅で 旧館

アメリカ中西部で暮らしています。2頭のコリー(クッキー、Hope)の他、迷い犬や里親待ち犬の保護ボランティアに参加し、犬まみれの日々。バレエのレッスンピアニストを目指して奮闘中。

 

2006年2月15日、容量限界のため 新館 へ引っ越しました。
旧館も引き続き営業中♪


管理人【TAMA】のプロフィール:ピアノ歴数十年、自動車運転歴二十年、バイク歴凍結中、バレエ歴十数年、保存食・お菓子作り歴十数年、子育て歴十数年、ネット歴十数年。そしていつまでも孵らない日本語教師のタマゴ。好きな作家は村上春樹・林望・島田ゆか・今市子。音楽はショパンとチャイコフスキーとアンドリュー・ロイド・ウェバー。運動はキライです。
ニンゲンの家族は自転車マニア歴30年のオット、フレッシュマン(9年生)の娘1号ブー、8年生・水泳娘のフー、そして6年生の息子ウー(別名「れ」)の計5人。


目次(月別タイトル一覧)のページはコチラから  

   
 
各ページからトップページへ戻るにはタイトルの「合衆国の片隅で」をクリックしてください。     

お知らせ♪


人気ブログランキング
↓↓↓↓↓

1日1回どらどら♪してくださるとうれしいです。


メールこちらから
近頃サーバーの不調で(?)メールの不達があるようです。もし私にメールを下さったのに返事がない方がいらっしゃったらコメントでお知らせ頂けると幸いです。

当ブログの注意事項はコチラにあります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拍手ランキング

1位 ベーコンの作り方
1拍手
6/12〜6/19までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
★Lizzycoさん、
幼稚園選びには私も頭を悩ませましたよー。もちろんその園に決めていたのだけど、もしもそこに入れなかったらどうしようかと。他には妥協だけるようなところがなかったもので。

うちの子どもたちが行っていた園では、子どもたちが何でも話し合いで決めるんです。劇の出し物もセリフも、衣装も。ディベートの原体験だったかもしれません。
でもそうして大事に育てられた子たちが小学校に入ると「あれーーーーーーーーー?」ってなっちゃうんですよね。でも日本という国自体がそういう教育に価値観を置いているのだから仕方ないです。

かといってアメリカも本当に厳しいですよね。ドロップアウトしたら先はない、みたいな。
はみ出さずにいられるのなら日本式の方がラクなのかもしれません(でも、私みたいなのははみ出しまくっていたから日本では辛かったなー)。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:lizzyco
TAMAさーん、トラックバックありがとうございます。

幼稚園のお話、とても興味があります。実は、私も長男を日本の
幼稚園に入れる時に、全く同じ基準で一生懸命幼稚園探しをした
からです。長男は、毎日毎日工事現場の土方になって、幼稚園生
活を満喫したようです。その傍らでは、女の子達が洗濯屋さんに
なったり、食べ物屋さんになったり。先生方にも愛情一杯接して
頂いたと思っています。給食もなかったので、毎日お弁当を作っ
たし。ああ、楽しかったなぁー。そろそろ10年も昔になってし
ます。

日本でも、そういう個性を大切にする幼稚園もあるのに、小学校
になったら何故?と思ってしまいます。でも、何故も何も、教育
制度のあり方を見ていると、仕方がないよねぇ、と思ってしまい
ますが。

それから、「自由な分、責任もかかって来る」もその通り。情け
容赦なく、留年は待ち構えているし、いい加減な思いでは、とて
もじゃないけどやってけないような感じです。それも私は気に
入ってるんですけどねぇー。色々と大変な事も沢山ありますが、
事教育に関しては、「さすがだなぁ」と思わずにいられない事が
多いです。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:TAMA
★ヘンドンさん、
「アメリカには【個性を大切に】という考え方はない、なぜならアメリカではもともと【バラバラの個性】がありすぎるくらいなのが当然だから、むしろ逆にそれを一つに統一する方向への努力がはらわれる」と昔、日本にいたとき何かで読んだのです。
ある意味本当ですよね。中学から選択制が当然だし、そもそもバラバラが基本。日本では「みんな同じ」がスタート地点で、そこから「個性を探す」のだから限界があるように思います。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:TAMA
★たいゆうさん、
そうだったんですか<検索
でもね、こっちは厳しいですよ。日本では「はみ出さない限り」学校が生徒を守ってくれますがこちらでは規定の成績を収めなかったら小学生だって留年です。
先日、娘の学校でたぶん始まって以来の退学者が出た様子。ふざけてパーティでお酒を飲んでグループでフットボールの試合を見に行ってしまったのだそうです。
そこで見つかって警察に捕まり留置場へ。学校からは追放…
個人の自由が大きい分、個人にかかってくる責任も大きいです。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:TAMA
★シナモンさん、
そこで「内気ではダメ」と気付くまではたぶん普通なのでしょうが、「自分で矯正」するのは並大抵のことではなかったでしょうね。
こちらで暮らしていくのには向き、不向きがあると思います。アメリカにも日本式の教育の方が向いている子ももしかしたらいるのかもしれないし…

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:ヘンドン
アメリカの教育は確かに個人、個性を尊重しますね。ハイスクールに入ったらそれがもっと顕著ですし。あの教科種類の細かさを見ると「ここは職業訓練校か?」と思うほど。娘は去年陶芸、今年は彫金を、息子はプログラミングを楽しんでます。かと思えばディベートをはじめオーラルコミュニケーションなどは必須だったりして。とにかくあらゆる分野の事をやらせる一方で、専門的なものもちゃんと用意して個人の興味を尊重する・・・。
それは日本の「とりあえず勉強」ではなく、すでに中学校から「将来自分の興味がでるのは何だろう」というのを常に子どもたちに投げかけながら育ててる気がします。
これもひとえに高校までが義務教育だからだし、大学も試験で入学するのではないからではないでしょうか。
夢を持つ・・・我が家にも只今約2名おります。
娘は当然バレエ・・最近はマーチングバンドに入った息子が真剣に音楽の道を考え始めてます・・・。
ねぇ、どうして我が家の子ってそっちなの?(苦笑)
投稿者:たいゆう
私も日本の教育にはとっても疑問に、危機感を感じている1人です。TAMAさんのこちらのblogにも、アメリカの学校制度って??と検索していたら、辿り着きましたから。本当に日本の学校制度は、戦後のままですね。年度で区切り、一斉に皆同じ事を学ぶ。少しでもはみ出すと、そりゃあ大変。個人の個性を伸ばすと謳っていますが全く伸ばすどころか、教師が管理しやすいように結局の所は収まって。巧く書けませんが、子供のことを考えるとアメリカの制度?国民性?は賛成です。アメリカで学べる子供は幸福だと(大袈裟ですが)思ってしまいます。

食材は、かなりひいてしまいますが。

http://blog.livedoor.jp/taitaiyouyou/
投稿者:シナモン
亭主は小学校4年生から6年生の前半まで米国の小学校で過ごしました。
時代が時代ですから、日本人は自分だけ、英語は最初はまるっきり分からず、成績表は数学だけ最高の評価といった具合だったそうですけど、米国で生きるには、それまでの内気な自分では駄目だと感じ、自分で矯正、それは成功したようです。

日本へ帰って、1年遅らせて小学校へ戻った時の評価は「積極的で、リーダーになれる子」という評価になっていました。

学校の違いが、違う面を気づかせ、引き出したということでしょうか。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ