合衆国の片隅で 旧館

アメリカ中西部で暮らしています。2頭のコリー(クッキー、Hope)の他、迷い犬や里親待ち犬の保護ボランティアに参加し、犬まみれの日々。バレエのレッスンピアニストを目指して奮闘中。

 

2006年2月15日、容量限界のため 新館 へ引っ越しました。
旧館も引き続き営業中♪


管理人【TAMA】のプロフィール:ピアノ歴数十年、自動車運転歴二十年、バイク歴凍結中、バレエ歴十数年、保存食・お菓子作り歴十数年、子育て歴十数年、ネット歴十数年。そしていつまでも孵らない日本語教師のタマゴ。好きな作家は村上春樹・林望・島田ゆか・今市子。音楽はショパンとチャイコフスキーとアンドリュー・ロイド・ウェバー。運動はキライです。
ニンゲンの家族は自転車マニア歴30年のオット、フレッシュマン(9年生)の娘1号ブー、8年生・水泳娘のフー、そして6年生の息子ウー(別名「れ」)の計5人。


目次(月別タイトル一覧)のページはコチラから  

   
 
各ページからトップページへ戻るにはタイトルの「合衆国の片隅で」をクリックしてください。     

お知らせ♪


人気ブログランキング
↓↓↓↓↓

1日1回どらどら♪してくださるとうれしいです。


メールこちらから
近頃サーバーの不調で(?)メールの不達があるようです。もし私にメールを下さったのに返事がない方がいらっしゃったらコメントでお知らせ頂けると幸いです。

当ブログの注意事項はコチラにあります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

拍手ランキング

1位 ベーコンの作り方
1拍手
6/12〜6/19までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
>Nさん、
実際に直面してらっしゃるかたのお話が聞けて良かったです。ありがとうございました。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:N
TAMAさん、はじめまして。
先ほどは挨拶もせず大変失礼いたしました。私はこのテリーさんのことでいろいろ考えさせられました。尊厳死とは、安楽死とは、命とは、と。
私にも子供がいますが、もし我が子だったらと思うと、とてもやりきれないです。たとえ回復しないと言われても、無垢な赤子のような表情で生きているのに。テリーさんのご両親のことを考えると切ないです。
もし、私がテリーさんのようになっても生かして欲しいです。なぜなら、私が生きている事で子供たちの人生の励みになるなら。物言えぬ私にあれこれ話しかけ心癒されるなら子供達のために生きます。
これは実際に今現在夫を介護しながら、勇気づけられるし癒されているからです。傍で眠っているだけでも生きていてほしいのです。
投稿者:TAMA
>Nさん、はじめまして。
そうですか…。今回の「餓死」という言葉は衝撃的でした。人の生死を司ることができるのは誰なんでしょう。やっぱり普遍の答えはどこにもないのだと思います。それでも私は「私の時は」私の意思を尊重して欲しいと家族に言いました。すると娘に「では生還の可能性がゼロではないと言われたらどうするのか」と問い返されました。同じ問いは「もし子どもだったら」という問いかけになって私にも返ってきます。やはり答えは出ないのかもしれません。



http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:N
私は現在テリーさんと同じ状態の夫を自宅介護しています。
夫も丈夫な頃、同じようなことを言っていました。
でも、私はいつまでも生きていて欲しいと思いす。が、医療費に押し潰される経済状態になれば考えが
変わると思います。
語りかければ微笑んだり、泣いたり、肉体的に苦痛があればそれなりに表情に出ています。本人は痛みも苦痛も感じてない、生体反応だと言う人もいますが真実でしょうか。私は夫を餓死にはできません。
今回の事は殺人だとしか思われません。
投稿者:TAMA
>もーさん、
背景は、憶測を含めてずいぶんいろいろ言われていましたが、誰にとっても不幸な事件でした。
ミスター・シャイボの気持ちは本人にしかわかりませんね、きっと。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:もー
この人、死んじゃったね。
背景等、まったくと言っていいほど知らないんだけど、ワタシなら、彼女の両親が延命にかかる費用や介護負担をするというなら、自分は手を引くと思ったなぁ。
投稿者:TAMA
>KYOさま
「病院で死ぬこと」って本、あったね。読んでないけど。うん、今度日本で探してきます。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:KYO
聞いてもよろしくってよ(笑)
ええとね、命に執着があるから…かなぁ。
人間は、生きるために生まれてくるのであります。
そこに理由なんてないのよ。というのがまずひとつ。


命って、実は、自分のものなんかじゃないのよね。というのがまたひとつ。
じゃあ誰のものかっていうともちろん医者のものや病院のものでもなくて、私なりに出した答えは、「やっぱり、神様のもの」って感じ?
延命治療を受けられる(受けさせられる)立場にあるのなら、それも神様のくれたチャンスと思って(※実際は「病院の」「医師の」であったとしても)運命と思ってありがたく受け入れたいなぁ。と「私は」思ってしまうわけでありますよ。


我ながら、なんちゅう矛盾した文章よ!って思うけど、まだ思考途中の話なので許してちょ。
尊厳死の問題は、最近私もまた新たにドツボにはまって考え込んでるよ。
本人が望むならそれをかなえてあげたいと思いつつ、もしかしたら助かる方法だってあるのに…と思えてしまうのも、私にとっては本当の気持ち。
昔読んだ「病院で死ぬということ」って本は衝撃的だったよ…衝撃的で、拒絶したくなるくらいに。

http://blue.ap.teacup.com/tjuringa/
投稿者:TAMA
>ゆかさん、
ゆかさんもお好きですか〜。今度またじっくりソッチ系のお話でも(笑)。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:TAMA
>ちとぷ母さん、
ゆかさんも書いてくれている通り、怖いと言っても内臓系とかのじゃなくてもうちょっと怪談系の怖さかも。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
1|234
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ