合衆国の片隅で 旧館

アメリカ中西部で暮らしています。2頭のコリー(クッキー、Hope)の他、迷い犬や里親待ち犬の保護ボランティアに参加し、犬まみれの日々。バレエのレッスンピアニストを目指して奮闘中。

 

2006年2月15日、容量限界のため 新館 へ引っ越しました。
旧館も引き続き営業中♪


管理人【TAMA】のプロフィール:ピアノ歴数十年、自動車運転歴二十年、バイク歴凍結中、バレエ歴十数年、保存食・お菓子作り歴十数年、子育て歴十数年、ネット歴十数年。そしていつまでも孵らない日本語教師のタマゴ。好きな作家は村上春樹・林望・島田ゆか・今市子。音楽はショパンとチャイコフスキーとアンドリュー・ロイド・ウェバー。運動はキライです。
ニンゲンの家族は自転車マニア歴30年のオット、フレッシュマン(9年生)の娘1号ブー、8年生・水泳娘のフー、そして6年生の息子ウー(別名「れ」)の計5人。


目次(月別タイトル一覧)のページはコチラから  

   
 
各ページからトップページへ戻るにはタイトルの「合衆国の片隅で」をクリックしてください。     

お知らせ♪


人気ブログランキング
↓↓↓↓↓

1日1回どらどら♪してくださるとうれしいです。


メールこちらから
近頃サーバーの不調で(?)メールの不達があるようです。もし私にメールを下さったのに返事がない方がいらっしゃったらコメントでお知らせ頂けると幸いです。

当ブログの注意事項はコチラにあります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拍手ランキング

1位 ベーコンの作り方
1拍手
6/12〜6/19までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA@合衆国の片隅
>ういんちるさん、
今度はわりと早く終わったでしょう?<続く
小切手切って封筒に入れて一連の作業をするとなんか「仕事した」ような充実感があるのよね〜。割り勘には使わないですか?便利だけどなー(笑)。

>黒山羊さん、
キャッシュバックが必要なときはやっぱりデビットカードかなあという気がしますが…。というよりもそのためにデビットカードがあるような。是非今度挑戦してみてください。

>ナンシーさん、
え?アカウントがそのままなんですか?何も問題ないんでしょういか。何かわかったら是非是非レポートをお願いします!

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:ナンシー
おおっつ〜〜〜!!懐かしいです!
私もアメリカにいた頃、チェックブックをオーダーしました。
その残りが今でもあるなぁ。。。(まだ使えるのかな?)
銀行のアカウントもクローズしないまま放ってあるけど、そういうのってどうなっちゃうんですかね?
投稿者:虹のパパ黒山羊@会社
アメリカで試していないだけかも…<キャッシュバック
NZではカードで払おうとすると必ず「キャッシュ要る?」と訊いてくれたので、
システムがわかったのですが、アメリカじゃ訊かれたことないです。

デビットカードは…日本で使ったこと無いです
<へそくりの郵便貯金がデビットだけど
デビット使うくらいならクレジットカード使いますねぇ
<ポイントもたまるし…
投稿者:ういんちる
やー、ほんとまた「続く」なのー!?
小切手って、切るの楽しいよね、日本人は。
だけど、割り勘に小切手使うとは、考えも及ばなかったよ。すごい。


http://windchill.exblog.jp/
投稿者:TAMA
>黒山羊さん、
あら?それってこっちではできないんだっけ?
私はキャッシュバックが必要なときはレジでATMカード(デビットカード)を使い、お釣りとして現金をもらうようにしていますが、クレジットカードでもできたような…気がします。

日本でもデビットカードが使えるところならできるはず…と思うんですが、どうなんでしょ?

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:虹のパパ黒山羊@会社
NZでは(オーストラリアもかな?)スーパーで「現金が買える」ってのがありました。


つまり少額のキャッシュが必要なときに…
『$20札現金を$20で買ってクレジットカードで払う』
という技が可能でした。もちろん何らかのお買い物のついでですが…

新しもの好きの私は、たしか靴下(数ドル)を買って、
10NZ$を出してもらった記憶があります。
(もちろん支払いは十数NZ$)

クレジット社会もここまで発展すると便利ですよねぇ。
キャッシングだって手数料ゼロって事ですし。
日本もやってくれないかなぁ?<現金を買えるスーパー
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ