合衆国の片隅で 旧館

アメリカ中西部で暮らしています。2頭のコリー(クッキー、Hope)の他、迷い犬や里親待ち犬の保護ボランティアに参加し、犬まみれの日々。バレエのレッスンピアニストを目指して奮闘中。

 

2006年2月15日、容量限界のため 新館 へ引っ越しました。
旧館も引き続き営業中♪


管理人【TAMA】のプロフィール:ピアノ歴数十年、自動車運転歴二十年、バイク歴凍結中、バレエ歴十数年、保存食・お菓子作り歴十数年、子育て歴十数年、ネット歴十数年。そしていつまでも孵らない日本語教師のタマゴ。好きな作家は村上春樹・林望・島田ゆか・今市子。音楽はショパンとチャイコフスキーとアンドリュー・ロイド・ウェバー。運動はキライです。
ニンゲンの家族は自転車マニア歴30年のオット、フレッシュマン(9年生)の娘1号ブー、8年生・水泳娘のフー、そして6年生の息子ウー(別名「れ」)の計5人。


目次(月別タイトル一覧)のページはコチラから  

   
 
各ページからトップページへ戻るにはタイトルの「合衆国の片隅で」をクリックしてください。     

お知らせ♪


人気ブログランキング
↓↓↓↓↓

1日1回どらどら♪してくださるとうれしいです。


メールこちらから
近頃サーバーの不調で(?)メールの不達があるようです。もし私にメールを下さったのに返事がない方がいらっしゃったらコメントでお知らせ頂けると幸いです。

当ブログの注意事項はコチラにあります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

拍手ランキング

1位 セミリンガル家族
1拍手
6/10〜6/17までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:africa
最後のオチ、構造がわからなくてあちこちクリックしまくってしまいました(笑)
イギリス人もですよね。

http://kumaesp.exblog.jp/
投稿者:TAMA
みなさん、たくさんのコメント本当にありがとうございます。今から学校なので(朝8時)帰ってからゆっくりお返事させていただきます!


http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:虹のパパ黒山羊
↓ 誤:最初に本文したとき  正:最初に訪問したとき

おまけに書くと。
私が仕事上でつきあったアメリカ人は、
仕事上 どうしても伝えなくてはならない事象があり
その詳細は私が知っている というシーンがほとんどだったので、
私の滅茶苦茶英語でもなんとか意志疎通だけはできた
というほとんどサバイバルレベルでありました。

ですので、利害が相手と対立するシーンでの意志疎通
ましてや説得なんぞできません。

だけどアメリカで生きるって事は、これができないと
相手にもしてもらえないんですよねぇ「意志疎通と説得」

投稿者:虹のパパ黒山羊
ふむ、この1つ前のブログと併せてのRESです。

TAMAさんチが今の 愛の国 に居を構えてから
最初に本文したときの最初の最初に質問したのが
確か『お子さんを(日系)アメリカ人としてお育てに
なるのですか? それともアメリカに住んでいる日本人?』
と言うことでした。

というのも、この母語の問題を知っていたので、(日系)アメリカ人と
して育てるのなら家の中でも英語のみで会話するくらい
徹底しないといけないし、相当の覚悟が必要なもので、
「その辺をどう考えておられるのだろう?」という素朴な疑問だったのです。

でも前ブログでも伺えますが、そうとう大変な時期だったのですね。
質問が直接的すぎたのかなぁ?


--
ちなみに、仔山羊も幼稚園ともなると「幼児英語教室」などという
チラシやDMがやってきますが、私もヨメさまも
『日本語で正しく思考し・表現できなければ、英語なんぞやっても無意味』
という事で意見一致しております。
投稿者:TAG2
「ぽっくり」が男性には馴染みがないせいもあるかもね。女性でも馴染み深いとは言えんが、男性だとより一層。

時々登場いただく(笑)Prof.K、4〜12歳をオハイオの家族の他に日本人など皆無の環境で育ち(なにせ40年前だ)帰国した時はまったく日本語が話せなかったそうだが、それから大学卒業まで10年ほどの日本暮らしで高度な抽象概念を格調高い日本語で操れるようになった彼の努力と能力は本当に尊敬する。
たとえ「御神酒」を自信満々で「ごしんしゅ!」と読んだり、「越智さん」に「えっちさん」と呼びかけようとも。

「書かないでよ!」と言われてるけど彼のofficial siteに書かなければバレないだろー(笑)
投稿者:ウルトラQの母@M79星雲
セミリンガルはこわいよね。
母語がしっかりしてれば(>いや、母語じゃなくてもいい、とにかく「考える」言語がしっかりしてれば)、外国語は後からでも学べる。
母親の国と父親の国を行ったり来たりで、中途半端に両方で暮らしてる家の子の中には、口語は一見スムーズなのでみんな「出来る!」と思っているが、いざ、深い思考を求められたり、ビジネスでかっちり物を書いたり読んだりしなければ・・となった時に、「深いところでの言語習得がどっちの言葉もペケ」というケースがあり、それはいっちゃん悲惨らしい。

もちろん、そういう状況で、どっちも完璧!という人もいらっしゃるでしょうが。

英語は出来るにこしたことはない。TAMAさんみたいに英語圏に暮らしている場合はサバイバルのために英語が必要です。

でも、英語より日本語!(>TAMAさんの家の子どもの場合は、割り切ってそれを英語にすべきなのかもしれないが)というか、とにかくまずは1つの言語の水準を高めるのがとても大事。

どんなに外国語を勉強しても母語のレベルは超えないといわれています。人間は言葉で考えるので、「考える」言語のレベルが、他のすべての外国語運用能力の上限を規定するのです。
投稿者:結
ついでに自白いたします。TAMAさんがKYOさんのブログで見つけてくださった私のコメントにある「マリさんのブログへのコメント」(なんのこっちゃ)ですが、実は、こちらのブログにコメントしたと勘違いしていて、返事があるかなーなんぞと記事を探せど探せど見つからないという失敗をやらかしていたのであります。おそらく全頁半分以上の記事を確認し、ついに探しつかれて、マリさんのところでも覗いてみるかと行って見たところ、なんとお目当ての記事があるではないですか!思いっきり自分が情けなかったですよ。
投稿者:結
実は、私の投稿を書いているときはTAMAさんの最初のコメントはありませんでした。投稿してみたらコメントが出ていて、「あれま、ニアミスですな」なんぞと思っておりました。
投稿者:sushi
最後のオチは笑っちゃいました。 

 自分も昔は英語が大嫌いだったのですが、外国人の友人が増えるにつれて、中学・高校で嫌々習った読み書きではなく、友好を深める為の会話としての言語に目覚めた経験があります。

追伸:以前お知らせした新しい家の家族の子猫ですが、奥さんの命名で「たまねぎ」になりました。 で、そのうちに「タマ」と呼ぶようになって気がついたのですが、これってTAMAさんと同じジャン!(笑)

http://wanderphoto.com/blog/
投稿者:TAMA
・・・結さんへの私のレスって1分差?
チャットよりも早かったですね。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
1|2|3
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ