合衆国の片隅で 旧館

アメリカ中西部で暮らしています。2頭のコリー(クッキー、Hope)の他、迷い犬や里親待ち犬の保護ボランティアに参加し、犬まみれの日々。バレエのレッスンピアニストを目指して奮闘中。

 

2006年2月15日、容量限界のため 新館 へ引っ越しました。
旧館も引き続き営業中♪


管理人【TAMA】のプロフィール:ピアノ歴数十年、自動車運転歴二十年、バイク歴凍結中、バレエ歴十数年、保存食・お菓子作り歴十数年、子育て歴十数年、ネット歴十数年。そしていつまでも孵らない日本語教師のタマゴ。好きな作家は村上春樹・林望・島田ゆか・今市子。音楽はショパンとチャイコフスキーとアンドリュー・ロイド・ウェバー。運動はキライです。
ニンゲンの家族は自転車マニア歴30年のオット、フレッシュマン(9年生)の娘1号ブー、8年生・水泳娘のフー、そして6年生の息子ウー(別名「れ」)の計5人。


目次(月別タイトル一覧)のページはコチラから  

   
 
各ページからトップページへ戻るにはタイトルの「合衆国の片隅で」をクリックしてください。     

お知らせ♪


人気ブログランキング
↓↓↓↓↓

1日1回どらどら♪してくださるとうれしいです。


メールこちらから
近頃サーバーの不調で(?)メールの不達があるようです。もし私にメールを下さったのに返事がない方がいらっしゃったらコメントでお知らせ頂けると幸いです。

当ブログの注意事項はコチラにあります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

拍手ランキング

1位 怒らないでがんばるぞ!だからお金返して〜
1拍手
5/22〜5/29までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
ニコさん、ありがとう〜〜。日本からアメリカに来たらまずそれに戸惑いますよね。
とにかく言えば通る。日本だったら「わがまま」とか「非常識」とか思われることでも。
アメリカ生活が長い方からこんなアドバイスをいただきました。

>>アメリカに限って言えば「自分の主張をする」「相手の主張を認める」「他人の権利 を大切にする」・・・この3点さえ押さえておけば、大抵の事は切り抜けられます。

本当にその通りだと思いました。

さて、次のトラブル話はどれにしようかなあ。
(いっぱいありすぎて選び放題♪!←喜んでていいのか)


http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:ニコ
本当に良かったです!
毎回ハラハラしながら読んでました。
本当に、こう言う事が多いですよね、私もアメリカではかなり鍛えられたような気がします、言わなきゃ負けって。子供を連れてだと心労で私は倒れてしまうかもしれません・・・・TAMAさんはスゴイ!すばらしいです。私もがんばって強くなりたいです、今、弱医療ミスを病院と交渉中なのです、でも4ヶ月経った今でも病院の態度は偉そうでむかつきますが、TAMAさんの話をパワーにして頑張りたいと思います。

本当に良かった。
次の話も楽しみに(だめか・・・)待ってます。

http://nicon.exblog.jp/
投稿者:TAMA
>Q母さん
そうですねー<「使えるものは何でも使わねば」
ただ日本人のグループの中には10年住んでもその中以外では買い物も不自由…というふうになってしまう方も多く、やっぱり「中庸」っていうのが意外と難しいんだろうなあと想像しています。

>MINさん
ひゃ〜〜〜〜〜〜〜〜!そうでした!肺ガンの疑いってそれはもっとずっと大変だったよね。
しかし、これだけ日本人のトラブルが多いんだからもうちょっとなんとかならないものですかねー。

>LiLA管理人さん
よく資料なしで説得なさいましたね!すばらしいです。ええと切り抜き、オリジナルではなくてコピーと、私がタイプしたファイルならあります。
ここにupしたら…まずいですかねえ。メールでお送りしましょうか?(メアド、画像掲示板に置いてありますので…)

>ママ猫
うむ。苦しゅうない(爆)。
以前、国際結婚でわりと長くこちらに住んでいる方から「企業の駐在員は企業が全力で守ってくれる、国際結婚なら配偶者が守ってくれる、一番無力で大変なのが個人で移住してきた人」と言ってました。
確かにそうかもしれない…でもその分お気楽だけどねっ!

>hiicoさん
それはそれはすごい!本当にすごいんですよね日本人駐在員さんたちのネットワーク。
それにしてもゴミ屋さんや郵便屋さん、学校の先生のギフトまで横並びしなくても…なんて思ってしまいますが。
余談ですが、ロングアイランドから引っ越してきた友人が「この辺の人ってチップを渡そうとするのに受け取らなかったり、メールキャリアのクリスマスギフトもボックスの中に1週間入ったままだったりで信じられない!」と言ってました。

我が家は(そういえば記事にもしましたが)学校の先生へのギフトを手作りクッキーにしています。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:hiico
こんにちは。
わたしも、研究者の夫が、自分の働きたい研究所にぽーんとやってきたので、長らく日本人(駐在員)のネットワークから漏れていて苦労しました。私の住むNY、ロングアイランドでは、年末にゴミ屋さんと郵便屋さんにちょっとしたギフトを送る習慣があるのですが、赴任直後でも駐在員の家庭では、いつ、どのくらいの金額をどのようにして渡すかという詳細が伝えられているのにびっくりしました。(わたしは今の家に引っ越してくるまで、2年間知りませんでした。)先輩駐在員の奥さんが、「あなたは知らないだろうけど、学校の先生には年末に20ドルくらいの品物をプレゼントするのよ」とわざわざ電話してきてくれるのだそうです。なんとまあ、至れり尽せりなんでしょう!先生が当然のようにギフトを受け取るのには、ものすごく違和感を覚えるし、20ドルは高いんじゃないの〜?とは思いますが。

http://d.hatena.ne.jp/hiico/
投稿者:ママ猫
ようがんばったのう。
こっちで姑に守られて楽ちんな生活を送っている
私には送像もつかない大変さでした。

しかしこれは耳が痛てえ。(笑)
<知識があれば難なく避けられるトラブルに、
知らないばかりに真っ向からぶつかってしまう。

人間こうやって痛い目にあいながら少しずつ
成長していくんだなあと、痛感しました。
TAMAもだいぶ成長したじゃろうて。(爆)

しかし今回イライラしながら待った甲斐あり。(笑)
投稿者:LiLA管理人
「勝訴」おめでとうございます。同じ境遇に巻き込まれた私としても溜飲が下がる思いです。もっとも親としてではなく、当事者でしたが。

この近くには、所謂指定医師が一人しかおらず、彼になんとか日本の事情を納得させるしかありませんでした。数日にわたってその新聞の切り抜きのような情報を探しましたが、結局見つけられませんでした。
ところで、その新聞の切り抜き、まだお持ちで無いですか?


http://www.geocities.jp/aspenleafjp/
投稿者:MIN
私だったら渡米三ヶ月でそんなに闘えなかったかも。
チビの病気の時はこちらに来て3年ほど経っていたので、まだ何とかなったんだと思いますわ。

うちも永住権申請の健康診断時、結核関係でちょっとトラブリました。
私は何故かセーフだったのですが、旦那が陽性反応で引っかかりやがりまして。(3歳年下だからか?)
でもドクターはちゃんと日本人の事情を知っていたので、皆さん同様レントゲン写真を撮れば全て終了の筈でした。
しかし「結核の心配は無いけど、肺の別の場所に影があるから専門医に画像のチェックをしてもらう」という予想しなかったセリフをドクターから宣告されてしまって。

まぁ結果はなんともなかったんですけどねぇ。(^^;;;
結果が出るまでの間、「肺ガン」の疑いがあるんじゃないかって、夫婦揃って気が気じゃありませんでした。(それは長い一週間でした……大汗)

もうね、トラブル防止のためにも、BCG全員接種廃止を実施してほしいです。

http://min-4th.jugem.jp/
投稿者:ウルトラQの母@M79星雲
TAMAさん
やっぱり外国で子どもを育てるには、「使えるものは何でも使わねば」ダメなのね。

私の場合は、夫が日本にいたので、夫に日本の医者に言って症状を説明してもらって、「多分大丈夫。それなりに頻繁にあるケース。何日かすれば治るはず。もちろん最悪のケースも考えられ、その場合には大変な治療が必要だけど」というのを調べてもらってあったので、「多分平気だろう」とは思ったが、もし手術ということになれば、日本に連れて帰ることも考えました。でも水疱瘡は「伝染病」だから、飛行機にのせてもらえたかどうか不明だが。(>入院も個室。でもぜ〜んぶ無料ってのがイギリスの素晴らしいとこだわ)

で、Qの場合は、いよいよ検査が必要か最後の判定!という時に、先生が、「立たねば届かない」位置にあるテレビをつけて「ちょっとチャンネル回して」ってたのんだんだったか、「とっとテレビつけて」って頼んだんだったか、上手に誘導したら、Qがひょい!と立ち上がり、事なきをえました。

今思ってもほんとヒヤヒヤします。

日本人でつるまず現地の人にとけこもう!などとキレイ事を言ってる場合じゃないです。まぁ、私、現地の人や同じ寮の留学生にもうんと助けてもらったんですが。

私の場合、この事件がおこった時、丁度母が来てくれてた時だったの。なので本当に助かった。なにせ母子家庭でやってましたからね。

でもさ、とにかく、子ども守るためにはカッコつけてる場合じゃないよね。

あ〜、今おもっても身がすくむ…。

お互い何事もなくて良かったね〜。

TAMAさんとこはこれが続くわけだから、現地の人とも日本の人とも仲良くして今後も頑張ってください。結局はどこの国の人とも仲良くする!ってのが大事なのかも。
投稿者:TAMA
>とことこさん
いや、ドクター現れなくて良かったです。もう二度と会いたくないや。謝ってもらいたいとさえ思いません。そこらへんこっちで暮らしてクールになった部分かも。

>ナンシーさん
ナンシーさんとはもともとのレベルが違いますので〜参考になりませんわ(^^;)。<英会話

しかし、これは運が良かっただけなんですよね。日本人の知識とか一般常識の豊富さってたいしたもんだと思います。そしてあのネットワーク(笑)。諸刃の剣と言ったところでしょうね。

>てんちゃんさん
「朝日のあたる家」でお礼を言いたかったのですが機会をなくしてしまいました。その節はありがとうございました。
こちらも読んでいただいてありがとうございます。
まあ…言葉が通じないっていうのはあれだけ学校でしつこく英語の授業を受けてきて言い訳にならないんですけどね、実際には(^^;)。(さーて、耳が痛い人いっぱいいるはずー!)
それにしてもアメリカも日本も医学や科学の力でいろいろな病気を克服していくのは良いのですが…行き着く先が恐ろしいですね。

>ドロシーさん
はい、当時は泣きが入ってました〜←今だから言える
実は私の祖父も父が2歳の時に結核で亡くなっています。だからこそアメリカでは「絶対に水際で食い止めよう」と躍起になっているし、陽性反応を見たナースが震え上がるんですね。
それはわかるんだけど…頼むからもうちょっと勉強して、と言いたいです。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:ドロシー
TAMAさんの試練はドラマみたいだね。
今だから、面白く語れるけど、当時は本当に暗闇で手探りだったんじゃないかと思うわ。頑張れニッポン!だわ。母は強し。母、万歳!

でも、私の祖父に当たる人が、戦後に不治の病で亡くなっている事を考えると、ホントに結核ってちょっと前まで恐ろしい病気だったんですよね。

http://blog.livedoor.jp/mamamiyu3/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ