合衆国の片隅で 旧館

アメリカ中西部で暮らしています。2頭のコリー(クッキー、Hope)の他、迷い犬や里親待ち犬の保護ボランティアに参加し、犬まみれの日々。バレエのレッスンピアニストを目指して奮闘中。

 

2006年2月15日、容量限界のため 新館 へ引っ越しました。
旧館も引き続き営業中♪


管理人【TAMA】のプロフィール:ピアノ歴数十年、自動車運転歴二十年、バイク歴凍結中、バレエ歴十数年、保存食・お菓子作り歴十数年、子育て歴十数年、ネット歴十数年。そしていつまでも孵らない日本語教師のタマゴ。好きな作家は村上春樹・林望・島田ゆか・今市子。音楽はショパンとチャイコフスキーとアンドリュー・ロイド・ウェバー。運動はキライです。
ニンゲンの家族は自転車マニア歴30年のオット、フレッシュマン(9年生)の娘1号ブー、8年生・水泳娘のフー、そして6年生の息子ウー(別名「れ」)の計5人。


目次(月別タイトル一覧)のページはコチラから  

   
 
各ページからトップページへ戻るにはタイトルの「合衆国の片隅で」をクリックしてください。     

お知らせ♪


人気ブログランキング
↓↓↓↓↓

1日1回どらどら♪してくださるとうれしいです。


メールこちらから
近頃サーバーの不調で(?)メールの不達があるようです。もし私にメールを下さったのに返事がない方がいらっしゃったらコメントでお知らせ頂けると幸いです。

当ブログの注意事項はコチラにあります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拍手ランキング

1位 ベーコンの作り方
1拍手
6/12〜6/19までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
>TLJGさん、いらっしゃいませ。
こちらに来て2回ほど、麻酔科ドクターのお世話になってます。でも麻酔科のドクターって挨拶するとすぐにこっちが意識を失ってしまうのでどんな方だったのか…。

それを考えるとナースって患者によーく観察されるので気の毒かもしれませんね。
器用な人もたしかに(たまに)いるんですが、ばらつきが大きすぎると思います。日本と比べると。ひどい人は本当にひどい!他の指で支えることもせずに空中からいきなり針を刺された時のおそろしさは忘れられません。

さて、バタフライは翼状針というんですね。ありがとうございます。よーく覚えておきます。


http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:TLJG
TAMAさん、こんにちは。
うちのブログに来ていただいてありがとうございました。
ご苦労されているようですね。
思わずにやりとしてしまいました。他人事でごめんなさい。
御指摘の通り、アメリカ人にももちろん器用な人はいるんですが、無器用な人は目も当てられないですよね。
加減がきかないというか、力ずくというか。。

ちなみにTAMAさんの救世主Butterfly Needleは、日本語で翼状針と言います。もし日本においでの際はご指名ください。(笑)

http://sky.ap.teacup.com/stl_sky
投稿者:TAMA
>玲さん、
日本だとそういう認識なんですが、こっちって予防注射ほとんどがこの垂直注射なんですよ。泣き叫ぶ6歳のコドモを大人2人がかりで押さえつけて5本一度に、です。両太腿と両肩(片方の肩は2本) そりゃー痛いです。
インフルエンザの予防接種も垂直です。
なんとかして〜。

>TAG2さん
なんかすっごいイヤだわぁ(-◇-;)。想像すると気絶しそうになる。

>ヤマ様
そうです。ぐりぐりにドバーッ、いや、ピューッって感じだったかなー。ふふふ。


http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:遙かなるヤマの呼び声
うわぁ、ぐりぐりにドバーッですか。もう、だめ。
投稿者:TAG2
知り合いの医大生が学内バイトで血管を貸したそうな。
さて、教授が注射針を刺して一言。
「いやあ、若い血管はいいなあ」
動脈硬化の患者とかだと手応えが違うらしい。
投稿者:玲
「垂直に刺す注射」というのは筋肉注射のことかしら?
注射には筋肉注射と静脈注射があって、筋肉注射の方が
痛いのよね?違ったかしら?
投稿者:TAMA
>kyo様
バタフライでググると結構出てくるよ。日本でも使ったり使わなかったりらしい…ということはやはりそれなりのメリット・デメリットがあるということかなー。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
黒山羊さんがアラビア語オッケーなのは存じておりましたがフランス語までご堪能とは知らなんだ。

「バタフライ」ですか。。。
見たことも聞いたこともないなぁ。
次回の採決で写真を撮ってきてくださることを希望!

http://blue.ap.teacup.com/tjuringa/
投稿者:TAMA
>黒山羊さん
そうそう、「まあいいか」で済んでいるうちは英語上達しないかも。「もうぜぇーったいに我慢できない!」ってとこまで追いつめられるといろいろ身に付きますね。

しかし黒山羊さん、フレンチだけじゃなくてアラビア語までお話になるんですね・・・。

>づみさん
もう「必死」でした。「こんなに痛いのもう本当にイヤっ!」って思ったので粘れたんだと思います(笑)。
前なんか、刺しては失敗して「Gee!(もうっ!)」とかシーツの上に血がドバーッと飛び散ってしまって(ああ、私の貴重な血がっ!)「dear,dear,dear(まあまあまあ)」とか言われちゃって、「言いたいのはこっちだよっ!」と思ってました。堪忍袋の緒が切れるまでにはいろいろありましたぁ。


http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:TAMA
>MINさん
リンク変更しておきました。(ついでにブックマークも)
さて、下手な人に当たったことがないなんて!すばらしい!でも思うんですが、この地域の肥満率も関係あるかなぁ、なんて。彼らよほどの注射針じゃないと血管に届かなかったりするかも。そうじゃなければバタフライをわざわざ使わない理由が思いつきません。

それとあの垂直注射は許せないよねっ!私はまだ受けてないのですが、アメリカに正式入国して数日後、子どもたちが思い切りやられました。一度に5本の垂直注射。「れ」なんか泣き叫んで暴れて声が枯れたっけ。

>ヤマさま
日本では私も本当にほとんど問題なかったんですよ。高校生のとき、一度献血で下手な人に当たって注射器で吸い出されたことがあったくらいで、その後3人の出産でもほとんど採血トラブルナシでした。ところがこっちに来たらトラブルがなかったのことがないんですから。

「何度も針を入れる」のはもちろん、入れたあとでぐりぐり血管を探されるともう、「腕にはこんなにたくさん神経があるんだなぁ」と実感することになります(涙)。


http://sky.ap.teacup.com/loveland/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ