Horumonism

[ホルモニズム]名詞:ホルモン主義
焼肉屋さんのメニューにおいて「ホルモン」こそが至上であるとする思想・運動

 

という事で

このブログは引っ越しました
引っ越し先はこちらです
よろしくお願いします
m(_ _)m
ここ以前は、こちら

Horumonism

管理人:Louis

ARCHIVES

PROFILE

Louis
ホルモン・餃子・ビールを
こよなく愛するベーシスト
北海道・小樽市在住

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:louis
いやぁ〜ホントに「ドラマのような話」ってさ、実際にあるもんなんだよね
んで「人間、こうはなりたくないもんだな」っていう例もごっそり
「ボケ老人を理解するのにボケ老人になる必要は無い」にせよ、家族の理解も大事だよ
Ikaちゃんの母上は偉いよね
旦那の母親なんて、つまるところ他人だからさ...素晴しいわ

さ、そんなこんなで来月は久々のステージが待ってる
明日は我が身だ!Ikaちゃんが言うように、今のうちにエンジョイしておこう!
...って、この歳になると、明日は「介護する身」になるのか「介護される身」になるのか
・・・微妙かも(笑)
投稿者:IkA
今は亡きうちのおばあちゃん(父の母)も10年以上寝たきりで、口ばっかり達者ということで、母がずいぶん苦労してたなあ…。
ほんとうに介護って、身内なだけにたいへんなこといっぱいですよね。

私の会社の同僚も、最近お父さん(83歳)がまだらぼけで、お母さん(80歳)に暴力をふるうようになって悩んでいました。受け入れ先を必死に探しているうち、お母さんがついに大怪我をしてしまい、大騒ぎだったようです。

老人福祉については、国がもっとしっかりしてほしいものですねえ。

そんなわけで、これからいろいろたいへんなことが待ってるかもしれないけど、その分楽しいことは思いっきり楽しんじゃえ、と思う今日このごろです。そんな場(どんな場?)があるわたしたちって、幸せですね(^.^)


投稿者:louis
おや〜ひろみっちもそうだったのかい?...老人介護も身近な話だよね
身内の世話なんだから、対価を求めちゃいかんのだろうけど
一番つらいのは「昨日◯◯してあげたのに、全然覚えてくれていない」ってところだな
ぶっちゃけさ、口には出さんがハラが立つ事もある・・・まぁでも、こればかりは仕方ない
誰が悪いというワケじゃないからねぇ〜

婆ちゃんの心配もさることながら
私ゃ会社で、何か用事があってキャビネットの方へ歩いて行って
んで、途中で同僚に声をかけられて一言二言しゃべったら・・・
目的のキャビネットの前で「はて、俺は何の用事で来たんだっけ?」ってさ(笑)
ボーゼンと立ちすくむ事が、最近しばしばあるよ
ヤバいな〜こりゃ...ひとの心配より、まず自分か???
投稿者:ひろみっち
おばあちゃま、心配ですねぇ。

・・・と、この苦労、あたし、わかります(^_^;)

うちにも大ジジ、大ババが居ましたからぁ。

お祖父ちゃんは96歳であの世のお方になってしまいましたが、風邪をこじらせて入院した時に、初めて知ったことがありました。

実は、お祖父ちゃん、軽い脳梗塞をおこしていたらしいのです。

お医者様いわく、歳をとると、あることだそうです。


あと、お祖母ちゃんは今年98歳でご健在。

ただ、4年くらい前に、・・・家で転んで骨折。

骨折の為入院したのをきっかけに、少しばかりのボケが発症し、トイレも1人で行けない為、施設に今はいるのですが、

私の事が誰だかわからないときたのです。


そんな、高齢者と共に住んでいた我が家には、あちこちに「手すり」がいっぱいです。

まぁ、今は、高齢となった私の母が、いずれ「手すり」を使うでしょうが・・・。

はははっ(-_-;)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ