2004/6/14

おなつ と おみち  


 夢を見ました
 
 
 いつかの戦後で 厳寒の地に
 生き残った二人の幼なじみの少女達

 おなつ と おみち

 2人は親をなくした幼子達を
 なんとか食事させ 親代わりをしていた

 ちなみにわたしは ぷー太郎の医者で
 それは告げず 子供の世話を手伝う代わり
 バラックに一緒に住まわせてもらっていた

 おなつは明るくて 器量よし 子供達のよき母親であり
 おみちは無口で ひたすら畑仕事をしている
 この野菜のおかげで私達は 飢えをしのげた

 ある日 おみちが子供達もそりに乗せて
 吹雪く中出掛けようとしていた

 おなつが止める

「おみち、今日は危ないわ。野菜の品評会が大事なのは、
 ようくわかるけれど、行ってはいけないわ」

 おみちは静かに首を横に振った

 おみちの横には 痩せたこの地で作られた
 大根や人参やじゃがいもがあった
 遠くの町で開かれる品評会で賞を取れば
 子供達にも服や何かが買える

 おみちは みじかく さよなら と言い残して
 雪の中に消えた

 子供の声もしない中 おなつが言った
 「おみちはね 農業大学に8年も通っているの。
  優秀な成績らしいんだけど 本人が満足しなくて。」

 童顔で大学3年ですと言うのを信じていたが
 おみちは年上だった
 無口なおみちの中に 聖女を見た
 
 
 いやぁすごいなぁ と思って目がさめた
 
 



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ