2004/5/11

透明水彩で描いた夢  

 
 都会から少し離れたところで

 小さな畑と小さな花園を庭につくり

 自宅の一階を診療所にする

 段差のない玄関を靴のままあがっていただく

 風の通る大きな窓から 鳥のさえずりが聞こえる

 窓際に 小さなテーブルと2脚の椅子

 窓の外には 庭の花が見える

 深く座れる柔らかいその椅子に腰掛けてもらい

 ハーブティと小さな焼菓子をお持ちする

 私とまっすぐ向き合わなくていいように

 庭の見える窓のほうへ 腰掛けてもらう椅子も 私の椅子も

 庭の花を一輪飾った丸いテーブルをはさんで 少し斜めに置く

 角のないテーブルには白い綿麻の清楚なテーブルクロスを敷く

 窓から日が差す日もあれば 雨の日も 曇りの日もあって

 天気の話や 庭の話をして

 それから前にお会いしてからの日々 どうでしたかと聴いて

 終わりに お好きな花を庭で指差してもらって 差し上げる

 ひとり30分時間をいただいて

 次の方は さらに30分後にする

 基本的には 来た方が わたしだけの時間 と感じられるよう

 そして私も次のひとだけの時間を 尽くせるよう

 私は そんな診療を2日に一度だけ開いて

 休診日は 友人が庭を見に来たりただくつろいでいったり

  私は静かに本を読んだり庭を耕したり刺繍をしたり絵を描いたりする

  お金がなければ お金を得に出掛けなくてはならないだろうけれど

 
 精一杯力を尽くせるのがしあわせなら

 丁寧さでひとつの在り方を創り上げるというのも

 よいかなと

 気を配って 心を尽くして 寄り添うように話を聴いていくのも

 よいかなと
 

 夢のような 淡い幸せな夢です

 でもおだやかで丁寧な時間は なかなかいい薬のような気がします
 
 それから ひとの話をほんとうに聴いてくれるひとがひとりいるだけで

 生きるのは とても楽なように思います
 
タグ: 医師 



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ